上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 車両音痴の私にはめずらしく、実物の鉄道車両を取材しました。
 と言ってもわざわざ出かけたのではなく、通りかかったらあったので…という感じです。
 廃止されて久しい蒲原鉄道の保存車両、モハ71とクハ10です。
蒲原鉄道モハ71 クハ10
 蒲鉄旧村松駅舎に近い県道脇にありました。
スポンサーサイト
2010.07.29(02:51)|車両・運転機材コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 リアルな田んぼのジオラマは鉄道模型レイアウトに欠かせないと思い、作り方をずっと考えてます。でも、理想とする初夏の田んぼはとても難しく、これまで暖めてきた制作法では満足な結果を出せませんでした。

 ぶらっとドライブに行き、田んぼの写真を撮ってきました。
美しい田んぼ
 田んぼは、なぜこうも美しいのでしょうか。
2010.07.25(05:12)|ジオラマ 田んぼのつくり方コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
 前回撒いたバラストに、木工用ボンド水溶液をたっぷりと染み込ませ、固着の工程に入りました。
 鉄道模型レイアウトづくりでは、ごく一般的なバラストの固着方法です。
 にもかかわらず、荒挽きコーヒーのバラストを使ったため、大問題が起こりました。

 ボンドが乾燥すると、こんなふうになりました。
コーヒーバラストのなれの果て
 一見よさそうですが、その実は…
2010.07.18(00:07)|Aブロックコメント(5)トラックバック(0)TOP↑
 鉄道模型組立式レイアウトAブロックに、いよいよバラストを撒きます。
 いわゆるボンド‐バラスト法を採りますが、ボンドを流す前の、バラストを均し形を整えただけの状態はこんな感じです。
バラストを撒いたところ(1)
 今回は、バラストについて考えてみました。
2010.07.14(10:51)|Aブロックコメント(6)トラックバック(0)TOP↑
 HOゲージ組立式レイアウトAブロックの続きです。
 前回で、レールの周りにバラストを撒く準備ができたはずだったのですが、まだバラスト撒布できずにウロウロしています。

 まず、分岐点に接触限界標識をつけました。
接触限界標識
 3mmヒノキ角材で作り、白く塗っただけ。位置は適当です。

 それから、仕事で立ち寄った駅で見つけたものを参考に、ちょっと手を加えてみました。
2010.07.08(02:57)|Aブロックコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。