上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 ほんのミチクサのつもりで始めた豚舎2号の制作は、意外に本気モードになってしまいつつあります。
 用地まで購入してしまいました。
豚舎用地確保に成功
 内部も作ってみたいので、屋根より先に地面を作ることにします。  3mmベニアを適当な大きさに切り、全面に木工用ボンドを塗ります。木工用ボンドを塗ったベース

 この上から充分に水を霧吹きし、モルタルを振るいます。
ベースにモルタルを振るう
 モルタルを振るったら、すかさず建物を押し付けて跡をつけておきます。これが後で役に立ちます。

 鉄道模型レイアウトやジオラマのベース作りにモルタルを使用する方法はあまり一般的でないかもしれません。
 よく目にする紙粘土や石膏、壁材などの方がやりやすいとは思いますが、私はモルタルを使う方法を極めていきたいと思います。
 固着が弱いなど欠点もありますが、あとからボンド溶液を染み込ませるなどして対処できますし、なんと言っても安い!20kgで500円程度です。
 日曜大工用に買ったモルタルを流用していますが、レイアウトなどに使うなら1袋使い切ることは絶対にないでしょう。

 また、色も私好みです。私の感覚では自然界は灰色が基本です。
 素材自体が灰色だと、その上に色を重ねてとんでもなくカラフルになってしまうといった失敗が少なくなります。

 数時間待って、固着していないモルタルを払い落とすとこうなります。
建物の基礎工事終了
 建物を押し付けた跡が、低いですが布基礎のようになっています。
 これで建物がなくても位置関係が把握しやすくなり、草を植える作業などがやりやすくなります。

 また、建物を置くとき凸凹の地面では土台が浮いてしまいますが、この跡の上に置けば密着し、「地面に建っている」という感じになります。

 この段階で、木工用ボンド水溶液を充分染み込ませ、完全乾燥させます。

 乾燥後塗装。
塗装したベース
 非常に適当に塗っています。

 私は最近こんなモノしか作らないので、塗料の攪拌や調合が超テキトーで器材もよく洗っておらず、いろいろ混ざってフタの色と中身の色が一致しなくなっています。
 これも何色を使ったのか、もはやハッキリわかりません。まあ、こんなのなんでもいいんですけどね。

 躯体を置いてみます。
まさに建築中の豚舎
 まさに「ただ今建築中」といった感じです。

 レイアウトにも建築中の風景を取り入れようと決めました。

 それにしてもホント、このブログって鉄道模型ブログじゃないですよね。
 全然車両が出てきません…



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ




2010.01.27(02:57)|豚舎コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
よくレイアウトの拡大写真で、建物が凹凸の地面から
浮いているのがあって、興ざめしますが、
この方法だとそれがないのがいいですね。

私は台紙に倉庫を貼り付けてから地面の材料を撒きましたが、
倉庫の壁にいろんなパウダーが付着して大変でした。
こんなふうに先に設置場所を確保しておく方が賢いですね。

でも、この方法だと後から場所をずらすのが大変なので、
最初に設置場所は充分に検討してからするんですよね。
生乾きのモルタルに建物を押しつけるとき、私だったら
非常に緊張してしまうような気がします。
台紙に貼り付けるときも、少しずれてしまって
何度かやり直しています。

微妙に斜めに設置されているのがかっこいいんですが、
ちょっと端に寄りすぎたとか、ちょっと傾きすぎたとか、
失敗はないんですか?
かなり綿密に位置を検討して印しでもつけておくんですか?
From: 初瀬春日 * 2010.01.27 11:26 * URL * [Edit] *  top↑

こんにちは。
私、賛成です^^
自然の中に色が決まっているものなんてありませんから何となくこんな感じの色でいいと思うんですよ。
調色も面倒なので滅多にやりませんが「これくらいかな?」って感じで毎回テキトーです。

モルタルを使うっていうのは初めて聞きました。
人それぞれいろいろな方法がありますね。
見ているこちらはただただ見聞が広がってありがたいことです♪
From: とと * 2010.01.27 11:41 * URL * [Edit] *  top↑

こんにちは

土地購入おめでとうございます。開業までまっしぐらですね~

ボンドを敷く→モルタルを粉のまま散布 で出来た土の質感はいいですね。
固着もしっかりしそうな気がします。

モルタルは「完成時の重さ」がどうなるか気になって使ったことがありません。その辺りはご使用時の感想はいかがでしょうか?

モルタルは大量にご使用になる場合、価格等もありすごく良い選択肢かもしれませんね。ただ、Nで小さなレイアウトを作る方にはもてあますぐらい大量なのかもしれません。単価が高くても小さなパックを買われるのはそういう理由かもしれません。

豚舎の塗装が終わると、もっと良い感じになりそうですね。楽しみです。
From: Por6071 * 2010.01.27 15:11 * URL * [Edit] *  top↑

Re:初瀬春日様
こんばんは。
モルタルを使う前、一応ベースのうえで建物をあちこちに動かして建築場所を考えましたが、まあこの辺かな?という大体の感じがつかめたところで一気にやってしまいました。
それで若干気に食わない結果になることがあるとしても、私の場合、超緻密に計算しても同じような結果になることが多いため、よほどの失敗でなければかまわず工事続行しています。

全然参考にならない答えですよね。スミマセン。
From: genchichi * 2010.01.27 21:42 * URL * [Edit] *  top↑

Re:とと様
モルタルはこういった作業にはそれほど向いてない素材だと思います。
安いし家にあるから使ったという感じです。

でも、だんだん性質がつかめてきて、初めてジオラマに使ったときと比べると進歩があるので、いつの日かジオラマにはモルタルしかない!と言えるところまでいけるかもしれません(ウソ)。

今考えてるのは、モルタル建築の表現に本当にモルタルを使ってやろうということです。お楽しみにどうぞ。
From: genchichi * 2010.01.27 21:48 * URL * [Edit] *  top↑

Re:por6071様
こんばんは。
早くレイアウト建設を本格始動させたいのに、まだこんなことやってます。

モルタルの重さについてですが、仮に10mm厚で定尺板全面に盛ったなら、とてつもないことになると思います。
レイアウトでの実用レベルでは、多分1~2mm厚だと思います。これなら石膏に比べて特別重さを気にしなければならないということはないと思います。

練ったモルタルを使えば当然強固になりますが、薄く仕上げるのが難しくなるので、強度を犠牲にして粉末のままふるいにかけ、固着しなかったものは捨てるというやり方です。

おススメするほどいい方法とは思っていませんが、何しろ材料が安く、失敗してもいくらでもやり直せるという気軽さは私に向いています。
From: genchichi * 2010.01.27 22:01 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。