上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 鉄道模型ジオラマの草の表現にはけっこうこだわってきました。
 実感の面で最も優れた素材は、なんといってもやはりミニネイチャーだと思いますが、これが高価!大きなレイアウトで草を全部ミニネイチャーにするのは現実的ではありません。
 次にお気に入りなのは化学雑巾です。安価に実感的な草むらができますが、着色など前処理が面倒な点と、小さくちぎるとボロボロにほぐれてしまうため、大きめにベタッと貼るしかない点が残念です。
 また、どちらもけっこう背の高い草しか表現できません。

 これは以前作ったもので、草には化学雑巾とミニネイチャーを使ってます。(制作記事はこちら
バス停完成記念1
 
 今回はそれ以外の素材の使い方を考えてみます。  製作中の豚舎用地に草を植えます。

 まずは、地面にへばりつくように生える小さく背の低い草です。
 使ったのはありふれた材料のターフとカラーパウダーです。
 数種類混ぜて単調でない色を作り、ボンド溶液を塗ってふりかけます。
パウダー系を撒いた例
 ぜんぜん難しいことはありませんが、注意しなければならないことがあります。

 こうしたパウダー系の素材は、ボンドを広~く塗ったうえで、まだらになるように撒くべきだと思います。
 特に、ボンドを塗ったところと塗ってないところの境界付近にはパウダーを撒かないようにします。

 理由はこれ。
パウダー系の撒き方
 ボンドの面積より広く撒くと、ボンドを塗ったそのままの形がくっきり出てしまいます。

 以前、点々と草が生えている様子を再現しようとして、点々とボンドを塗り上からパウダーを撒いたところ、草の水玉模様ができて失敗したことがあります。

 次に、少し高さのある草を植えていきます。
 ファイバー系の素材として、モーリンのグラスセレクションを使ってみました。 (→ココが安いみたいです)
 長さ5mm程度の極細ファイバーに着色した商品です。

 撒きました。
ファイバー系を撒いた例
 パウダー系同様、単調にならないよう数種類混ぜて茶漉しなどで撒きますが、やはり注意しなければならないことがあります。
 それは、ボンドを単純な形に広くベタッと塗らないようにすることです。

 理由はこれ。
ファイバー系の撒き方
 ファイバー系素材が立って見えるようにするにはかなりの厚さに撒く必要があるため、ボンドを単純な形に広くベタッと塗った場合、出来上がりはカーペットのようになってしまいます。
 一面の草原のようにするならそれでよいかもしれませんが、そういった生え方をしている場所は実際には少ないように思います。
 ランダムな形にボンドを塗ることで、草の「株」を表現できると思います。

 それにしても、グラスセレクションはNゲージにぴったりの草丈です。化学雑巾とグラスセレクションの中間の長さの草が欲しいです。
 また、こうしたファイバー系素材を撒くときに、静電気を使って本当に生えているように立たせる方法があります。そのための機材を自作してみたのですがどうもうまくいかず、今回は紹介しませんでした。もう少し煮詰めてみます。


 草地を表現するとき、私はこのようにボンドの塗り方と素材の撒き方によって、その草の特徴を出そうと心がけていますが、それ以前に、どんな素材を使うにしても一番気をつけていることがあります
 それは、そのジオラマのストーリーをある程度考えておくことです。

 ここは人が歩く動線。
 こっちは車が乗り入れてよく駐車している場所。
 あの木の下はいつも陽があたらない。 などなど。

 そうして、草が生える場所と生えにくい場所をイメージしてから植えることがとても大事だと思います。

 またしても建設中画面です。
豚舎ベースに草を植えました
 う~ん…やっぱりもう少し草ボーボー感が欲しい。
 結局ミニネイチャーを追加することになりそうです。

関連記事:化学雑巾を使った草の作り方
関連記事:静電気を使った草の作り方
関連記事:ジオラマの草の作り方(まとめ)


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2010.01.29(15:21)|ジオラマ 草のつくり方コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
おや、自家製アプリケーターに挑戦したんですか?
陰イオンジェネレータ無しでは無理でしょうねぇ。
From: ki-ki * 2010.01.30 14:35 * URL * [Edit] *  top↑

ki-ki様
いんいおんじぇねれーた?
なにそれ教えて教えて教えて!って感じです。

やはりあの動画のとおりにするだけではダメってことですね。
おかしいと思いました。すぐ調べなければ。
From: genchichi * 2010.01.30 17:29 * URL * [Edit] *  top↑

エレクトリックフライスワッターを使ったのなら簡単にできるとおもうのですが。
ネガティブに吸い寄せられるんですよ~
From: ki-ki * 2010.02.01 15:36 * URL * [Edit] *  top↑

Re:ki-ki様
ん?それじゃ電極が反対だったんですかね?
もう一回やってみます!
From: genchichi * 2010.02.01 23:07 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。