上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 HOストラクチャー豚舎2の続きです。
 入り口側の空き区画にアクセサリーを入れました。
物置になっている区画
 建物形状が無理やりですが、写真手前側に飼料タンクを設置するために豚舎の一部を取り壊す際、物置にするためにこの区画を残したという設定です。  アクセサリーはエコーモデルなどから1/80の製品も市販されていますが、地方では入手しにくく、価格面でもなかなか使いにくいです。

 自作してもいいと思いますが、私は、1/72や1/76のプラモデルを代わりに使ってます。
 今回使ったのは、HASEGAWAの野営セットです。
何かと使えるプラモデルキット
このキットは、ドラム缶×5、18リットルポリタンク×8、土嚢×8、木箱×4などが含まれ、700円程度とお買い得です。

 こうしたインジェクションキットは型から抜けるパーツ構成にする必要があるため、ほとんどの製品でドラム缶は縦割り2ピースになっています。
 ドラム缶は特に上下面のパーティングラインが消しにくく、ジオラマなどへ設置後も目立ってしまいます。

 今回は、上面にだけ丸く切り抜いたプラ板を落とし込み、線を完全に隠しました。

 塗装したところです。
ドラム缶と土嚢を塗装
 土嚢はなんでしょう?飼料に添加する何か(例の〇骨粉か?)が入っていることにでもします。

 屋根の裏面に下板を貼ります。
下板を貼った屋根
 瓦が落ちたところなど、あちこち壊しておきます。
 完成後は見えないので、作った瞬間が見納めです。むなしい…

 いよいよ本体に屋根をかけます。
屋根をかけた豚舎
 物置の上の棟瓦の処理を考えなければなりません。

 無理やりのぞき込んだときに苦労が報われます。
豚舎内部をのぞき込む

 ようやく豚舎本体ができました。
 あとは、飼料タンクと、草や小物など周囲のニュアンス調整です。
 もう一息です。



ご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
<にほんブログ村 鉄道模型ランキングへ>

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
<にほんブログ村 模型ランキングへ>


2010.02.07(10:28)|豚舎コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
こんばんは。
もう、素晴らしいです!
この豚舎だけでもアクセサリーとして成立しているような気がします^^
From: とと * 2010.02.08 23:01 * URL * [Edit] *  top↑

Re:とと様
エッ?ほんとですか?ありがとうございます。(←ノリやすい)
「豚舎ふたたび」のシリーズになってから、おいでくださる方がめっきり少なくなってしまったので、この企画ダメなんだなぁと思っていました。

確かに鉄道模型とほぼ関係ありませんからね…少し反省しています。
本人はノリノリなんですけど。
From: genchichi * 2010.02.08 23:09 * URL * [Edit] *  top↑

うーん、色調が大変素晴らしい。
こんな枯れた色はすごく難しいんですよね。
こうやって見ると木材が枯れるとやっぱりグレーですよね。
茶色ではなかかなこの味は出ません。

アクセサリィも素晴らしい色ですね。
小物類は1/72でも全然違和感無いですね。
このドラムカンは普通にプラモ屋に行けば
買えるんですか?

小学生の頃、通学路に牛小屋があって、
毎日のぞいていました。
ちょうどこんな感じで、思い出してしまいました。
でもせっかくのブタがあまり見えなくなって残念。
From: 初瀬春日 * 2010.02.10 17:00 * URL * [Edit] *  top↑

Re:初瀬春日様
こんばんは。
小学生のころの牛小屋を思い出されたとは、最高のほめ言葉です。ほんとにうれしいです。
私も子どもの頃見た豚小屋を思い出しながら作っています。

塗装に関しては、実景より渋い色合いかもしれませんが、私は色鮮やかになればなるほどウソ臭く感じてしまうタチで、どうしてもこんなふうにしたくなります。

ドラム缶などが入ったプラモデルキットは、大きな模型店なら置いてあると思います。
でも、最近の子どもたちはゲームで遊ぶからか、プラモデルの分野は、ガンダム系はまだしもミリタリー系は絶滅が危惧されるほどの状態です。
30年くらい前までは男の子の趣味といえばプラモデルで、近所に小規模な模型店がいくつもあった時代がありましたが、今はさびしい限りです。

ちなみにこのキットは、プラモデルブームからずっと商売をやっておられると思われる小さなお店で買いました。昔のキットなど、見る人が見ればお宝が見つかるような感じの店です。敬意を表し、できるだけそこで買うようにしています。
From: genchichi * 2010.02.11 03:45 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。