上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 HOストラクチャー豚舎シリーズもとうとう10回目を迎えてしまいました。
 今回は、豚舎につきものの大事なアクセサリー、あのとき作りっぱなしになっていた飼料タンクに取り掛かります。
レジンコピーした飼料タンク本体
 この足を作る作業は、最大にして最後の難関です。金属工作が苦手なもので…  このタンクは、スプレーのフタやら木材やらで作った原型をシリコンで型取りし、レジンコピーして作ったものですが、中までぎっしり詰まっていてけっこう重く、プラ材では不安なので金属の足が必要です。

 洋白の帯材と真鍮線をハンダ付けし、ハイできました。
めちゃめちゃ苦労したタンクの足

 なんか、はるか昔にどっかでみたような…石綿金網を載せたくなります。
 あの「石綿」って、いわゆるアスベストと同じものなんですかね?
 みんな普通に触ってたっつーの。
 つくづく、近頃は細かいことに神経質な時代だなぁと思います。


 複雑には見えないこの足、実はメチャメチャ苦労して作りました。
 金属工作が苦手なことが第一要因ですが、足に角度をつけてあるためまっすぐな部分がなく、治具がなければ作業中うまく固定することができません。
 もちろん、横着な私は治具など作らなかったので、本当にいろいろ手間取ってしまい、なんと5時間もかかってます。治具を作った方が早かったかも。

 いつか3本足の火の見やぐらを作りたいので、その練習も兼ねていたのですが、やぐらを作るときは絶対に治具が必要だと思いました。

 飼料タンクにグレーで下塗りしました。
下塗りした飼料タンク
 ベース色としてはちょっと暗すぎると思われるかもしれませんが、私は特にジオラマを作るとき、わざと上塗りの発色が良くなりすぎないようにします。
 くすませたほうが実感的だし、いろいろアラをごまかしやすくなると思っているからです。

 仮に載せてみます。
タンクに足を仮付けしてみる
 ちょっとベルトの位置が低すぎたかな?
 でも、さらに5時間もかけるつもりはありません。

 ちなみに、最上部のフタのようなものは、マジックのフタをヒートプレスして作ってます。

 ジオラマに仮置きしてみると…
飼料タンクをジオラマに仮置きしてみる
 足の接地位置と、全体の雰囲気はまあまあです。
 ただ、足が長すぎました。1cmくらい切る必要がありそうです。

 これでようやく、一番自信がなかった工程を乗り切ることができました。

 いよいよ豚舎シリーズも大詰めです。




ご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
<にほんブログ村 鉄道模型ランキングへ>

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
<にほんブログ村 模型ランキングへ>


2010.02.21(09:56)|豚舎コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。