上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 HOストラクチャー豚舎2、長々と引っ張ってきましたが、ついに完成しました!
 自分で言うのもアレですけど、けっこうアレだと思います。
完成した豚舎2
 もっとも、追加したくなるアクセサリ類が、ざっと考えただけで10は思いつきます。
 まさに、ジオラマ鉄道模型レイアウトには真の「完成」がないということだと思いますが、さすがに飽きてきたので、ここで区切りとします。  今回は、まず草を追加しました。
 使ったのはミニネイチャー。
ミニネイチャー
 これは、ミニネイチャーのマットアソート(春)に入っていたもので、ミニネイチャー全般に言えることですが、色が鮮やか過ぎます。
 そこで、好みの色を吹き付けたのですが、いかんせん草丈がありすぎて奥まで着色できません。

 嫌な予感…

 しかしとりあえず植えてみます。
草を追加したところパート1
 やっぱりね。

 草の色が変です。

 同じ商品に入っていた草丈の短いシート(これも好みの色に着色)を使い、色がおかしいところを隠すようにさらに植え込んでごまかすことにします。
 そして、エアブラシで全体の色調を整えるとこうなりました。
草を追加したところパート2
 我慢できる範囲に近づきました。

 でも、本当に正直なところは、どこか気に入らないのです。
 多分、色だけでなく、草の生え方が不自然だからではないかと思うのですが、この段階から修正する良い方法が思いつかないので、あきらめることにしました。
 悔しい…

 次に電柱を植えます。
豚舎の脇に電柱を植えた
 簡単に見えますが、この電柱で思わぬジレンマにおちいりました。

 この豚舎に電気を引くことだけを目的にした、電灯もない粗末な電柱を再現したいのですが、そういったタイプは細くて低く、先細りのテーパーがついていることが多いと思います。
 これをスケール換算すると直径3mm弱程度で竹串でも充分なのですが、実際に竹串を使うと細すぎるように見えます。ましてテーパーをつけると、串そのものに見えてしまいます。

 なぜ細すぎるように感じるのかは、すぐそばにある豚舎の柱に原因があります。

 この程度の建物は、実物では四寸角の柱で充分だと思います。HOスケールでは1.5mm角ですが、このサイズのヒノキ角材が手に入らないので2mm角材で代用しています。
 そうすると、実物換算で五寸柱になり、かなり立派でがっしりした印象にならざるを得ません。

 この柱との対比で、電柱が細く見えてしまうのだと思います。
 このことは、今後のシーナリー作りにとても参考になります。
 オーバースケールのものと、感覚的にサイズを良く知っているものとを、近くに配置しない方がいいということです。

 仕方なく電柱を太くしてバランスをとりましたが、粗末な電柱から遠ざかってしまい、不満が残りました。

 最後に、樹木を一本植えます。
 ジオラマの樹木の作り方については、以前の記事で研究したのですが、あまりいい結果が出せませんでした。
 今回は、濃い色のコースターフのみを使ってみます。
樹を作る1
 当然これではドギツくなってしまいます。

 この上からマイルドな色を吹きつけ、光があたっている葉と、影になっている葉の陰影をつけます。
樹を作る2
 写真では伝わりにくいかもしれませんが、これが一番自然な感じがします。

 こうして、自分のスタイルが徐々に決まってきている感じがします。

 ジオラマに樹木を植えます。
ジオラマに樹を植える
 しっくりきています。

 長かった豚舎建設も、ようやく終わりです。
 それでは完成写真をどうぞ。
完成した豚舎2
 これが、想定していた観賞時の正面です。
 できたてなのにボロボロです。サイコーです。

完成した豚舎2
 曲がり角側から。

完成した豚舎2
 裏から。

 こうして見ると、物の配置をかなり考えた正面側より、他のアングルの方が面白いように感じます。
 この意外性が、絵や写真でなく、立体で表現する醍醐味です。

 次回から、組立式レイアウト作りに戻ります。
 長々とお付き合いいただきありがとうございました。




ご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
<にほんブログ村 鉄道模型ランキングへ>

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
<にほんブログ村 模型ランキングへ>


2010.03.02(20:29)|豚舎コメント(8)トラックバック(0)TOP↑
結局このヒトはどこへ行くんですか?どこかに埋め込まれるんでしょうか。

ミニネですが、ウッドランド、ノック(英語読みで^^)などの会社と比べてもカラーマネージメントが一番しっかりしていますね。
いずれにしても春色はビビッド過ぎて使いどころに迷います。
From: ki-ki * 2010.03.02 22:22 * URL * [Edit] *  top↑

Re:ki-ki様
さあどうでしょう。2通り考えていますがまだ迷ってます。
From: genchichi * 2010.03.03 01:19 * URL * [Edit] *  top↑

完成おめでとうございます。
渋い色合いがいいですね。

電柱の太さは記事を読むまでは全然気が付きませんでした。
言われてみれば太めかな?
この辺は、スケールと見た目の感覚とのギャップをいかに
調整するかという難しい問題ですね。

草や木の材料は好みの色調になるように塗装しなければ
だめなんですね。
参考になります。

From: 初瀬春日 * 2010.03.03 12:16 * URL * [Edit] *  top↑

サイコー
こんにちは。
完成おめでとうございます!
この豚舎、ほんとにサイコーですよ♪

この技術は誇ってもいいと思いますよ。

こういうの見せられると自分も欲が出てしまうので困ります(笑)
From: とと * 2010.03.03 16:14 * URL * [Edit] *  top↑

祝!完成
完成おめでとうございます。
このクオリティーでレイアウトを作ってゆくのは、相当大変そうですね。
でも、出来上がったときの素晴らしさが、次のモチベーションになりそうですね。
続きを楽しみにしています。
From: 原鉄 * 2010.03.04 15:34 * URL * [Edit] *  top↑

Re:初瀬春日様
草などを着色しなければならないかは、周りとの対比の問題次第かもしれません。
私の場合、地面や建物をかなりくすんだ色にしてしまうので、草をそのまま植えるとどうしても浮いてしまい、塗装せずにはいられなくなります。
手間ばかりかかって困ってます。
From: genchichi * 2010.03.04 20:16 * URL * [Edit] *  top↑

Re:とと様
ありがとうございます。
そこまで言われると本当にうれしいです。

もうちょっと手を入れたいところもあるのですが、これ以上時間を使うのももったいなく感じてきましたので、ひとまずここでやめておきます。

これからはなるべく鉄道模型の記事と思われるようなことを書いていきたいと思います。
From: genchichi * 2010.03.04 20:21 * URL * [Edit] *  top↑

Re:原鉄様
ありがとうございます。

おっしゃるとおりです。週末ぐらいしか工作できないとはいえ、この小さなジオラマで1ヶ月以上もかかってます。
しかも、まるっきり一からでなく、途中まで作ってあった状態から始めたにもかかわらずです。

やはりレイアウトを作るには、上手な省略により、最小の労力で最大の効果を生むやり方を見出していかなければならないと思います。
From: genchichi * 2010.03.04 20:26 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。