上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 鉄道模型のポイントマシンを500円以内で自作しています。
 その2で、平ギアーの組み合わせではゆっくりした動きの実現が難しいことがわかったので、市販品と同じスクリュー方式の機構を試してみます。
 用意したのはコレ。
ポイントマシンの材料
 超シンプルな構成です。  ボルトは、φ6mm、長さ70mmのステンレス製です。
 ちょっと大きすぎると思いつつ、家にコレしかなかったので使ってみることにしました。
 また、充分ゆっくり動かすのにどのくらいのストロークが必要かわからなかったので、試作品には長い方がいいと考えました。

 材料をつなげます。これが、新機構(別に新しくはないか…)ポイントマシンの心臓部になります。
新型ポイントマシンの心臓部
 ボルトの頭とナットの接合は、なんと接着剤を使ってます。
 一応、硬化後も柔軟性のある強力接着剤ですが、耐久性がどうかはちょっと心配です。

 次に、スクリューの回転により左右に動く部分を作ります。なんと呼べばいいのかわかりませんが、仮に「振り子」とします。

 プラ板箱組みの内部に、ナットを固定します。
「振り子」内部
 補強をいれ、けっこう丈夫にしました。

 ふたをして各面を滑らかに仕上げます。動く部分なので。
振り子の完成
 振り子が完成しました。

 プラ板でシャーシを組み、振り子を通したボルトをセットします。
完成したポイントマシン本体
 しかしでかいな。ボルトが長いので仕方ないけど。
 モーターは左下の台にセットします。

 動作試験

 まあまあです。
 グリスを使えば滑らかさは問題なさそうで、力も思ったよりあります。

 試験映像では1.5V乾電池を電源としていますが、3Vにした方がパワー・スピードの両面でちょうど良いみたいです。
 また、3Vのスピードでも、ストロークは半分くらいあれば充分で、35mmのボルトに置き換え可能です。

 工作過程ももっと簡素化できます。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、駆動軸のボルト・ナットの接合や、振り子の作成は、ステンレスのハンダ付にすれば、作業効率だけでなく耐久性も格段に向上します。
 今回は、ステンレス用のフラックスがなくてハンダ工作ができなかったので、やむを得ずプラ板細工を多用しています。

 こうしたことを踏まえ量産型を考えていくと、さて、気になるそのお値段は?

 マブチFA130モーター 140円
 ウォーギア・ウォームホイールセット 84円
 φ5mm・35mm六角ボルト(1)、六角ナット(2) 50円くらい
 各種ビス 少々
 洋白線(自動回路OFF接点用) 少々
 リード線 少々
 ピアノ線(ポイントリンク用) 少々
 ベース板 何でもいいのであるものを使う。

 これでできそうです。
 トグルスイッチなど他にも必要なものがありますが、それは市販のポイントマシンを買っても同じことなので比較には入れません。

 すると費用は、ハイ、しめて1コ約350円!(これでもけっこう余裕をみて見積もっています)
   
 ここまでコストが下がれば、大量に効率よく作ることで、手間をかけて自作するメリットがかなり出てきます。
 大量生産に適した設計を本格的に始めてみます。

ポイントマシンを自作する(その1)概念図
ポイントマシンを自作する(その2)心臓部のテスト

ポイントマシンを自作する(その4)ここがミソ
ポイントマシンを自作する(その5)1号機完成
ポイントマシンを自作する(その6)2号機完成
自作ポイントマシンをレイアウトに設置する
ポイントマシンを自作する(完結編)
番外:ポイントとポイントマシンのリンク



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2010.03.13(05:07)|自作ポイントマシンコメント(0)トラックバック(1)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
12月からまったく作業が進展しないレイアウト製作。駅構内路盤の設計(といえるのか?)で頓挫しています。 先にストラクチャー製作を進めてもいいところですが、保管の問題があり構内路盤の製作を優先させた方が今後の作業を安全に進められると判断しております。 ...
2010.12.10(Fri) 13:28:38 |  MYCraftHouse鉄道模型レイアウト国鉄山鳥線製作レポート
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。