上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 ディアゴスティーニの「零戦をつくる」に影響され、にわかに飛行機熱が再燃してしまいました。
 なんだか懐かしくなって古~い荷物を解いてみると、出るわ出るわ、海軍機、陸軍機のキットが山ほどありました。
 エンジンだけ組んだもの、機体を仮組みしただけで気に入らず放り出したもの、無謀な改造に挑戦して挫折したもの、何も手をつけていないもの…
 とにかく、1機たりとも完成機体が見つかりません。ナサケナシ。
 特に零戦は、1/72~1/32まで、7機分くらいのゴミがストックされていました。

 その中で、比較的形になっていたのがコレです。
仕掛中の零戦21型
 長谷川製作所の1/48零戦21型ですが、よく見ると地味なディティールアップがたくさん盛り込まれています。  コックピット内部は、市販エッチングパーツや自作パーツをこれでもかと突っ込んでます。紫外灯も自作してあります。
仕掛中の零戦21型
 そのほか、計器板上部の機体外板を限界まで薄く削り込んだり、ロールバーはプラ板積層からの削り出し、主脚オレオにはアルミメッキパイプを入れるなど、けっこうがんばってます。
 機体にサフェイサーを吹いて、組み立て終盤に来ており、今見ても続きを作りたくなる感じです。

 ただ、残りのパーツをあのゴミの中から探す気には、ちょっとなれません。

 機体表面処理直前ですが、同じレベルで作り込んだ22型もありました。
仕掛中の零戦21型と22型
 22型は翼端をたたむつもりだったようです。

 これらもいつかは完成…… することはないでしょうね。多分。


 さて、ディアゴスティーニの「零戦をつくる」第2巻を入手しました。
零戦をつくる第2巻
 この中身と、ディアゴスティーニのサイトで今後のパーツ構成を見て唖然としました。

 100号全部買って15万も出す気はないので、欲しいパーツの号だけ買う計画だったんですよね。
 具体的には、プロペラ、エンジン、カウリング、コックピット、主脚だけあれば、その他は自作するつもりでした。
 特に、主翼とキャノピー、胴体後部がおかしいので要らないんです。

 ところが、欲しいパーツはうまくバラしてあってそう簡単に揃えられず、私のような考えが通用しない構成になってます。

 あたりまえか…あのエンジンだけでも充分売り物になるもんな…
 ディアゴスティーニのエライ人、さすが抜かりないですね。

 しかも、機体外板には沈頭鋲まで再現してあることが判明!これはどうしても欲しい!
 となると、本当に最後まで全部買うことに…

 今さらですが、本当に「零戦をつくる?」という気がしてきました。
 高価すぎてムリかも…
 また無計画を露呈してしまいました。どうしよう。

 次回記事 (零戦をつくる(3)大興奮!これぞ発動機
 前回記事 (零戦をつくる(1)取り返しのつかないものに手を出してしまいました


ブログ村へ戻る
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



2010.04.10(00:36)|ZEROコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。