上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 数ヶ月ごとに訪れる何も作りたくない時期に突入中です。困ったモンです。
 なんとか自分に喝を入れ、自作したポイントマシンを組立式レイアウトAブロックに組み付けました。
ポイントマシンを組立式レイアウトに設置しました
 動作状況の動画もあるのでご覧ください。  今さらですが、1号機と2号機を作るうえでは、とても大きな制約がありました。
 取り付け予定の組立式レイアウトは、ベース裏の深さが24mmしかないのです。
 そのためポイントマシンは高さ20mm程度で作らなければならず、モーターを斜めに取り付けるなどしてギリギリクリアしました。

 設置状況を1つずつ見ていくと…
 まず1号機
自作ポイントマシン1号機

 そして2号機
自作ポイントマシン2号機

 まさにやっつけ仕事。かなりの不細工で恥ずかしいです。

 やってみてわかったことは、きちんとポイントが切り替わるようにセッティングするのは、ポイントマシンを作るよりずっと難しく、調整しやすいマシンであることが必須だということです。
 3号機以降の製作に向けてとても参考になりました。

 また、マシンとトングレールのリンクには、当初、市販のポイントリンケージ(こんな名前でしたっけ?)を参考に、クランク型のピアノ線を考えていましたが、脳内設計がどうもうまくいかず、まっすぐなピアノ線を使っています。これについては、別の記事で考えをご紹介します。
 
 それでは、実際にポイントを動かしてみます。

 ちょっと切り替えスピードが遅いんでしょうか?実物を知らないのでなんとも言えませんが…

 ちなみに、2つのポイントは、トグルスイッチ1個の操作で同時に切り替わります。
 それにしても音がうるさくて…なんとかならないモンですかね。

 でも、とりあえずこれで、ようやくシーナリー作りに入れそうです。

組立式レイアウトAブロック 次回
組立式レイアウトAブロック 前回

ポイントマシンを自作する(その1)概念図
ポイントマシンを自作する(その2)心臓部のテスト
ポイントマシンを自作する(その3)新機構のテスト
ポイントマシンを自作する(その4)ここがミソ
ポイントマシンを自作する(その5)1号機完成
ポイントマシンを自作する(その6)2号機完成

ポイントマシンを自作する(完結編)
番外:ポイントとポイントマシンのリンク



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村へ戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ




2010.04.18(05:14)|Aブロックコメント(8)トラックバック(0)TOP↑
ゆっくりと切り替わる様がとてもリアルですね。
NにはないHOの風情を感じます。

自分のNレイアウトは、ポイント数が多い、物理的制約がある等々の理由で
ポイントマシンは既製品を使っております。
From: kq2100 * 2010.04.18 10:00 * URL * [Edit] *  top↑

Re: kq2100様
コメントありがとうございます。

このポイントマシンは試験的意味合いが強いものですので、完成度という点では、まだまだ満足できるようなものではありませんが、なんとか動かすことはできました。

自分としては切り替えスピードがもっと速いほうがいいのかな?と思ったのですが、実物はどんなかんじなんでしょうかね?
騒音はもう少しなんとかしたいところです。
From: genchichi * 2010.04.18 13:01 * URL * [Edit] *  top↑

確実に作動しているようで、一安心ですね。
実物の転換スピードはこんなものじゃないでしょうか。
普通のポイントマシンはバチンと早すぎます。

リンク機構がもう一つよくわからないのですが、
ある程度押さえつけるようなバネ効果はあるんでしょうか。
ポイントにロック機構がなければ、マシンの作動が
停まった所で固定されてしまうので、隙間ができないか
心配です。

何らかのバネ機能があれば、作動範囲にゆとりが出るので、
調整も楽なんじゃないかと思います。

自分では扱ったことがないのに、勝手な意見ですみません。
From: 初瀬春日 * 2010.04.18 14:01 * URL * [Edit] *  top↑

Re:初瀬春日様
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、バネ機能があればシビアさが緩和されると思います。
私のは、ポイントが切り替わってからも、少しの間マシンは動いています。そのひずみはピアノ線の弾性に吸収され、また、それはトングレールを押し付ける力にもなるためロック機構は不要です。

難しかったのは、ピアノ線をテコのように使う時の支点の位置です。
ベースボードにあけた丸穴の中に、この支点を設けなければならないのですが、当初、マジックのキャップのようなものの先端に小穴を開けたものを埋め込む方法を考えていたところ、丸穴の精度の問題で中心が支点にならず苦労してしまいました。

結局、ベースに空ける穴を楕円や長方形にして自由度を高めればいいのですが、そうしたノウハウがなかったということです。
慣れれば、そんなに大変なことではないと思います。
From: genchichi * 2010.04.18 22:51 * URL * [Edit] *  top↑

動きは非常にリアルだと思います。
実物の動きも、これくらいのスピードですし、音もこんな音がします。
ただ、もう少し静かですが(笑)

私がレイアウトをを作る前に、このポイントマシン製作記を読んでいたら真似して導入していたと思います。
今からでは、裏側に取り付けられないので残念です。。。
From: 原鉄 * 2010.04.19 12:33 * URL * [Edit] *  top↑

Re:原鉄様
コメントありがとうございます。

実物もこのくらいのスピードと聞いて安心しました。
実際のところ、機構上の必要などから偶然この切り替えスピードになったのですが、今後、量産型を作るときの貴重なデータが得られました。

でもやっぱりうるさいですよね(笑)。
騒音は軸受けの精度などが関係しているので、可能なら市販品を使うに越したことはないと思います。
私の場合、予算獲得が最も大きな課題なので、騒音には目をつぶり手作りマシンで我慢することにします。
From: genchichi * 2010.04.21 01:10 * URL * [Edit] *  top↑

イイ感じです。
お久しぶりです。
ポイントマシン>とても実感的ですね。実物と同じようなスピードだと思います。音は仕方ないでしょうね。ベース板に反響しているのかもしれませんが、レマコ製でも同じような音はします。

>何も作りたくない時期に突入中
まさに私もその最中です。(^^ゞ
私の場合熱しやすく冷めやすいので次に沸騰するのが何時なのか不明で。。。
From: taka@ * 2010.05.03 19:14 * URL * [Edit] *  top↑

Re:イイ感じです。
 taka@様コメントありがとうございます。
 偶然の産物という面が大きいのに、またしても実物のスピードに近いというご意見をいただきありがたく感じてます。

 レマコのマシンの音をYOUTUBEで聞いたことがありますが、やっぱりかなりの音がするようですね。私のはさらに200%増量中といった感じの音です。
 案外、ボード上面に紙粘土などでシーナリーを作っていくと軽減されるかもしれません。

 「何も作りたくない時期」は、マンガ家が描けなくなったり、イチローでも打てなくなったりすることを考えれば、誰もが避けられない「スランプ」ということなんでしょうね。
 しかも私は鉄道以外に浮気を始めてしまいました。レイアウトはいつになったら進むことやらです。
From: genchichi * 2010.05.05 01:43 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。