上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 低価格で作る自作ポイントマシン

 レイアウトに設置した1号機が不調で、作り直しの必要が出ていました。
 今回は、本番のレイアウト用に考えた量産型仕様にしてみたので、自作ポイントマシンの完結編としてご紹介します。

 これです。
自作ポイントマシン量産型
 見た目は悪いですが、動作は確実で満足できるものになりました。

 試作1号機2号機からの改善点は次のとおりです。 改善点
1.シャシーを木材にして各部品の取り付けをビス方式に変更
(試作機はプラ板シャシーに瞬間接着剤固定で信頼性がイマイチ)
2.市販L型金具を折り曲げて使い、ボルト軸受け兼ベースへの取り付け金具とした
(プラ材の耐久性不安の解消)
3.シャシー下面にピアノ線で支点を取り付け
(試作機ではベース側に支点を付けていた)

 2のL型金具使用で、製作単価が上がってしまいましたが、1台500円の線は超えていないので目標は達成しました。
 ただ、プラ材で作ったものと比べると、騒音が大きくなってしまいました。ボルトの軸受けに金属を使ったことで反響しやすくなったようです。

 3の支点(ポイントとマシンを結ぶロッドの支点)取り付けがすごく重要です。
 これまで、ベースボード側に支点を付けていたので、支点の位置とマシンの位置を別々に調整しなければならなかったのですが、マシンと支点を一体化したことで調整がとても楽になりました。

 このマシンの回路図も再度掲載します。
ミソとなる回路
 マシン機構は特段めずらしくないですが、この回路が、1台あたりの単価と作る手間を低減させるミソだと思っています。
 詳しくはこの記事をご覧ください。

 ちなみに、マシンをレイアウトに設置したところ不思議なことが起こりました。
 今作っている組立式レイアウトのAブロックでは、2つのポイントマシンを並列につなぎ、トグルスイッチ1つの操作で2つ同時に切り替えられるようにしました。回路図の上半分が2組ある状態です。
 この方法だと、一方が早くポイントが切り替わり回路が切断されても、もう一方が同じ状態になるまで両方とも動き続けるのです。
 止まるべきところで止まらないのは危ないので、2つの可動範囲をほぼ同じに調整して問題ないレベルにしましたが、とても不思議です。
 分かる人には当たり前のことだとしても、電気に弱いので理由を考える気にもなりません。

 なお、スイッチとマシンを1対1にすれば、こんなことは起こらないのではないかと思います。

 今回作ったこのマシンを1号機と入れ替え、ポイント切り替えの信頼性はほぼ完璧になりました。


 レイアウトに設置しました(表から見てもわかりませんね)。
ポイント周り




ポイントマシンを自作する(その1)概念図
ポイントマシンを自作する(その2)心臓部のテスト
ポイントマシンを自作する(その3)新機構のテスト
ポイントマシンを自作する(その4)ここがミソ
ポイントマシンを自作する(その5)1号機完成
ポイントマシンを自作する(その6)2号機完成
自作ポイントマシンをレイアウトに設置する

番外:ポイントとポイントマシンのリンク



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2010.05.26(02:05)|自作ポイントマシンコメント(8)トラックバック(0)TOP↑
初コメントです。
えっと、この作例では電源を2個使っていますが、2回路のトグルを使えば電源を一つに出来ると思います。
回路図書いてみました。

  (+) 電源 (-)
  |     |
  ,ー)ー○  ○ー)ー,
 | 'ー○  ○ー' | ←トグルスイッチ
 |  ○  ○  |
 |   |   |  |
 |接点A | 接点B
 |  |   |   |
'ーー’ー(M) ー'ーーー'

文字化けしたらすみません。
トグルは左右連動です。
トグルを切り替えるとそれに対応した方向にモーターが作動、接点でOFF。
反転させるとモーター逆動作、接点でOFF。
に、なるはずです。

長文失礼しました。m(_ _)m
From: トトロ * 2012.09.09 01:59 * URL * [Edit] *  top↑

Re:トトロさん
コメントありがとうございます。

電気にめっぽう弱いので、完全に理解しているか自信がありませんが、スイッチ内に、回路を反転させる(表現おかしいですか?)機構があればよいということですか?

もしそうなら、おっしゃる通り、電源2個イラナイと思います。

大量生産するときには、そんなスイッチを探そうと考えていました。

ただ、理由あって、今は自作をあきらめ、市販のポイントマシンを買う方向になってます。
理由はこの記事http://genchichi.blog92.fc2.com/blog-entry-163.html

とにかく時間がなくて。
このブログも完全に停滞していますが、レイアウト作りも全然進んでいません。

コツコツ自作から、金を出して前に進めるなら進もうという意識に変わってきました。
From: G太 * 2012.09.12 10:33 * URL * [Edit] *  top↑

そうでしたか・・・
まあ、参考程度に。

上の図、ちょっと修正します。

  (+) 電源 (-)
  |    |
  ,ー)ー○  ○ー)ー,
 | 'ー ○  ○ー' | ←トグルスイッチ
 |  ○  ○   |
 |   |   |  |
 |接点A   | 接点B
 |  |   |  |
 | ト(M)ー|  |
'ーー)ーーー'  |
   'ーーーーー'

こんな感じです。
トグルを下にすると、接点Aを経由して、モーターは右が+になります。
トグルを上にすると、接点Bを経由して、モーターは左が−になります。
それぞれ、接点が離れるまで動き続けます。
上の図のままだと、どちらにしても同じ方向に動いてしまいます。
ポイント以外にも使えると思いますが、どうでしょう?

以上です。
From: トトロ * 2012.09.24 22:48 * URL * [Edit] *  top↑

RE:トトロさん
コメントありがとうございます。

やっとわかりました!
これってトグルスイッチ2つ使うってことですよね?
違いますか?
前回コメントいただいたときはそこがわかってませんでした。

もしそうなら、おっしゃるとおりに動作すると思います。
ただ、試作ポイントマシンでは、全パーツの中でトグルスイッチが一番値段が高かったです。
それを2つ使うのはちょっと…
模型屋の店頭で手に入る中から選んだスイッチで、ネットで探せばもっと安いのがあるでしょうね。
From: G太 * 2012.09.29 10:00 * URL * [Edit] *  top↑

RE:トトロさん
間違えました。

「2回路のトグル」を使うのが前提でしたね。

つまり、スイッチとしては1つでも、2つ分の機能があるということですよね。

理解できました。
From: G太 * 2012.09.29 10:22 * URL * [Edit] *  top↑

初めまして。
ポイントマシンを自作しようかなと調べていたらここにたどり着きました。
素晴らしいですね!ここまで詳しく解説されているのは非常にありがたいです。
これを参考させていただきます。
From: yuki2092 * 2013.01.11 20:29 * URL * [Edit] *  top↑

RE:yuki2092さん
こんばんは。はじめまして。

お褒めいただきありがたいですが、残念ながら私のポイントマシン自作計画は現在とん挫しており、市販品購入に方針転換しようとしています。

理由は、コストパフォーマンスを上げても、自作に必要な時間を考えると割に合わないと考えるようになったからです。

私の試みがどの程度参考になるかわかりませんが、ぜひyuki2092さんには量産ベースまで仕上げてほしいと思います。

ご健闘をお祈りします。
From: G太 * 2013.01.12 01:28 * URL * [Edit] *  top↑

すばらしいです。
はじめまして。
1年ほど前から稚拙なレイアウトですが、ぼちぼち作成して楽しんでします。
そんな中、PECOのレール・ポイントには興味があるのですが、取り入れる技術のないので、TOMIX道床付きレールで作りました。
でもたまたま、スローアクションのポイント動作動画を拝見し、感動していましたが、それよりなにより簡単な回路?で作成されたことにほんとに感動しました。
いろいろ市販のポイントマシンは高いし、巨大で
とてもじゃないですが、扱えません。
今更TOMIXレールには採用できないかもしれませんが、大変参考になりました。
貴重な情報・動画ありがとうございました。
From: kkkacho * 2014.08.15 09:14 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。