上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 自作したポイントマシンとポイントをリンクさせるときにいろいろ考えたことを書きたいと思います。
 まず、図示するとこんな感じです。
ポイントマシンのリンク機構  HOゲージの場合、どんなポイントマシンを使うにしても、最終的なアウトプットとしてトングレールを振幅約3mmで水平に往復運動させなければなりません。

 モーターアクションの場合は、さらに切り替えに一定の時間がかかるように調整することで、実感的な動きを再現できます。

 私の場合ポイントマシンを自作すると決めたので、上図が市販品にそのまま当てはまるわけではないと思いますが、次のように考えていきました。

1.マシン単価を抑えるため、動力にマブチFA130モーターを使う
2.手に入りやすいウォームギアセット(減速比24:1)を使う
3.この条件でポイント切り替えに適切な時間(感覚的に決めました)ボルトを回転させると、「振り子」は10~11mm移動することを検証
4.これを3mmの動きに変換するには1:3のテコの原理を使う

 作用点・支点・力点の比率1:3では、振り子の動きが若干大きすぎますが、オーバーアクション分をレールと振り子をリンクする線の弾性が吸収することで、レールを押し付ける力を得て確実な切り替えができると考えました。


 次に、リンクさせる線の形状についてです。
 ピアノ線を使いましたが、市販品がクランク型だったような気がして、はじめは同じようにクランク型で考えました。
 でも、どうもムリがあるように感じます。言葉で説明しにくいので下図をご覧ください。
リンクさせる線の形状
 まあ、あまり深く考えなくても、誤差の範囲に収まる程度かもしれませんが、違和感があったのでクランク型はやめました。

 代わりに直線型を使っても、切り替えの途中でポイント上部に線が飛び出すことになるのですが、この線がトングレールにブラブラぶら下がっている状態にすることで解決できます。

 結果的に、直線型によるリンクはとてもうまくいきました。


 実際のレイアウトでは、ボード裏の井桁がジャマする場合など、ポイント直下にマシンを設置できないケースもあるとは思いますが、基本的に今回のやり方を採用していきたいと思います。

ポイントマシンを自作する(その1)概念図
ポイントマシンを自作する(その2)心臓部のテスト
ポイントマシンを自作する(その3)新機構のテスト
ポイントマシンを自作する(その4)ここがミソ
ポイントマシンを自作する(その5)1号機完成
ポイントマシンを自作する(その6)2号機完成
自作ポイントマシンをレイアウトに設置する
ポイントマシンを自作する(完結編)



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2010.05.27(22:14)|自作ポイントマシンコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
リンク
支点をなくしてそのままピアノ線でつなぐ手もあります。
モーター側のリンクの傾きも少なくなります。
ピアノ線のばね力でフロッグを押さえつけます。
From: sinarsinar * 2010.06.01 12:23 * URL * [Edit] *  top↑

Re:sinarsinar様
コメントありがとうございます。
モーター側にしっかりピアノ線を固定できれば、確かにその方法でもよさそうですね。

以前教えてもらったいろんなサイトの情報が高度すぎてあまり理解できず、自分流の方法でまとめるしかありませんでした。せっかく教えていただいたのにすみません。
From: genchichi * 2010.06.01 22:07 * URL * [Edit] *  top↑

リンク
左右のトングレールをつないでいる構造材の穴をホンの少し縦長にすれば、前後方向の動きを吸収できます。
少し大きめの穴を開けるだけでもいいと思いますが。
クランク型は、金属線をベースに通してから曲げる必要があるので、直線型はその分楽ですね。
From: トトロ * 2013.01.06 21:57 * URL * [Edit] *  top↑

Re:リンク
コメントありがとうございます。
実際には上の絵ほど厳密に考えなくても、穴やいろんな部分の遊びで吸収できる範囲かなとは思います。
おっしゃるとおり、直線の方が簡単ということは間違いないです。
From: G太 * 2013.01.07 08:31 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。