上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 何を突然…というタイトルですが、制作中のHO組立式レイアウトについて痛感していることです。
 現在やっているのは、10年くらい前にいい加減に作ったレイアウトにシーナリーをつける作業ですが、考えなしのツケが次々に出てきています。
 フレームがヤワだったり、線路配置がムチャだったり…

 レイアウトは、まさに最初が肝心で、何をやりたいのか綿密に計画してから作り始めないと、いちいち問題に対応するための作業が必要になって嫌になります。
 最近の超スランプ状態の原因はここにあると思います。正直に言うと、別のものを作りたくなっているのだと思います。

 ただ、ある程度何かを作ってみて、「もっとこうすれば良かった」という経験を積んでおくことは、絶対に必要だと思っています。
 どうせ一生かけても100%満足できるレイアウトはできないでしょうから、練習でできるだけ失敗を重ねておくことで、本番の完成度を少しでも上げていくしかないと思います。

 そんなことをブツブツ考えながら、また少し作業を進めました。  今回は、目に見える進展はほとんどありません。
 でも、ヤワなフレームを強化し、いやというほど頭の中でシーンの検討をしています。

 その上で、転轍機標識と信号機の設置スペースをベニヤ板で作りました。
組立式レイアウトAブロック
 ポイントに連動して転轍機標識と出発信号機(腕木)が変わる方式を考えながらやっています。
 ちょっと難しいかな…どうなることやら。

 それにしても、奥行き300㎜は厳しいです。
 同じようなサイズのベースボードでも、敢えて駅全体を入れず必要な部分を上手に切り取っている例(こちら)もありますが、私の場合線路配置が決まってしまっているので、この範囲で考えなければなりません。

 かなり考えてますが、未だに駅周りのイメージが固まっていません。
 それなのに、一部地面をさらにかさ上げしてしまいました。
組立式レイアウトAブロック
 ホームの芯になる部分も付けています。
 真っ白で見えないか…

 なんか、不自然な情景になりそうな予感がビンビンします。
 このセクションは、シーンより、技術的課題のテストベッド的性格が強くなりそうです。

 その一つとなるのが、今後挑戦する転轍機標識ですが、これを入手しました。
超小型LED
 シャーペンの先端が指す黄色い四角が、1個のLEDです。

 一度にいっぱい買うと1個50円で安いのですが、こんなもの扱えるのか心底不安です。
 なんと、1.25㎜×2.0㎜です。
 これに導線などを自在にハンダ付けして使えるようになれば、できることがかなり広がるのですが、小さすぎて考えただけで気を失いそうです。

組立式レイアウトAブロック 次回
組立式レイアウトAブロック 前回


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村へ戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ




2010.06.03(03:00)|Aブロックコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
大丈夫ですよ♪
こんにちは。
LED、私は0・6mmX1・0mmの超ミニLEDを使ってます。
初めは「こんなもんにハンダ付け出来る訳ねぇだろ!」と思いましたがやってみると何のその。
今じゃかなり慣れました(笑)
ライト付きヘッドルーペは必需品ですけど。

何個かやるうちに慣れてきますよ。
習うより慣れろとはよく言ったものですね^^;
From: とと * 2010.06.03 16:31 * URL * [Edit] *  top↑

Re:大丈夫ですよ♪
とと様の技術を持ってすればそうかもしれませんけどねぇ…
私の場合、模型を趣味にしているのが不思議なくらい、細かい作業が苦手で。
多分、死ぬほど苦労すると思います。
From: genchichi * 2010.06.05 00:03 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。