上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 HOゲージ組立式レイアウトAブロックの続きです。
 前回で、レールの周りにバラストを撒く準備ができたはずだったのですが、まだバラスト撒布できずにウロウロしています。

 まず、分岐点に接触限界標識をつけました。
接触限界標識
 3mmヒノキ角材で作り、白く塗っただけ。位置は適当です。

 それから、仕事で立ち寄った駅で見つけたものを参考に、ちょっと手を加えてみました。  その参考になるものというのは、枕木やバラストの表情です。

 同じ駅の中で、3種類の違いを見ることができました。
 ピンボケで残念ですが掲載します。自分のカメラでなかったので、設定がよく分かりませんでした。

 まず普通から。普通と言っても、いまどき木の枕木自体があまりなくなりましたね。
枕木とバラスト(普通)
 今作っているセクションでは、こんなレールの雰囲気を狙ってます。

 次に、真新しいバラストを一部盛り直したところ。
枕木とバラスト(補修)
 古くなったバラストは、角が取れて丸くなっていることや、色など、新しいバラストとはかなり違います。

 3つ目は、全然使われていない引込み線です。
枕木とバラスト(廃線)
 これを見て思ったのですが、車両が全然走らないところは、枕木が真っ白です。

 単純に他より古いだけという可能性もありますが、多分、車両のオイルやブレーキングで生じる鉄粉などが常に降り注いでいる状態でないと、このように白くなっていくのかなと思います。

 早速、自分のセクションでも、貨物引込み線部分の枕木を白くしました。
貨物引込み線の枕木を白くする
 フレキシブルレールで、枕木がもっとくたびれた感じの商品があればいいのにと思います。

組立式レイアウトAブロック 次回
組立式レイアウトAブロック 前回



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2010.07.08(02:57)|Aブロックコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
なかなか鋭い観察眼ですね。
枕木やバラストの色を均一にしないことで
実感表現につながるんではないかと思います。

篠原で、「ローカル線用」というフレキが出ています。
コード100しかないようですが、枕木の本数が少なく、
まばらになっています。
枕木自体はヘロヘロではありません。
From: 初瀬春日 * 2010.07.08 10:36 * URL * [Edit] *  top↑

Re:初瀬春日様
コメントありがとうございます。
実物を観察すると、それが何だろうと「一律に同じ色」ということはありえないように思います。
それを表現するのは本当に難しいですけどね。

ローカル線用フレキの存在は知っていましたが、#100なんですか?ローカル線なのにがっかりです。
枕木の軟らかい部分が朽ちてスカスカになっている状態など表現できれば最高なんですが、やっぱり無理ですよね…
From: genchichi * 2010.07.08 19:53 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。