上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 夢の鉄道模型レイアウト建設に向け、ついにレールを購入しました。
 シノハラ製です。
購入したシノハラ製のレール

 組立式レイアウトの製作が全く進まない中、次の行動にでるのは暴挙かもしれませんが、ブログタイトルに込められた「2010年中に着工する!」という気持ちから、とうとうやってしまいました。

 しかも、写真でお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと無謀な選択もしています。  今回購入したレールは、全体で必要になる量の3分の1くらい(多分)です。
 やはり、一気に揃えるのは資金的に非常に苦しく、レイアウトプランも変わっていくかもしれないので、部分的に進めようと考えました。

 購入したシノハラ製レールは次のとおりです。通販ですぐ届きました。

・フレキシブルレール×20本
・ダブルクロス、#8ポイント(L・R)、#6ポイント(L・R)、4Yポイント 各1本
・その他(引き抜きレール、ジョイントなど)

 そして、選んだのは、なんと13㎜ゲージです(あ~ぁ やっちゃった)。


 ポイント類を各1本ずつ購入したのは、具体的な寸法を確かめるためです。これが分からないと、駅構内のプランニングがしにくいと感じていました。

 同じ悩みを抱えている方のために、レールサイズをお示しします。

シノハラ製レールのサイズ(13㎜ゲージ)】※精度は参考レベル
・ダブルクロス → 全長507mm、複線間隔50mm
・#8ポイント → 全長360mm
・#6ポイント → 全長293mm
・4Yポイント → 全長220mm

 また、一番気になっていたのが、ポイントを抱き合わせて接続したときの複線間隔です。
・#8同士、または#6同士の場合 → 62mm
・4Y+#8(2本)の場合 → 94mm

 実際に製品を見てハッキリしたのが「ポイントは思っていた以上に長い」ということ。例えば、#8の分岐で複線にする場合、ポイント自体のおよそ2倍の距離が必要ですから、およそ70㎝(!)くらいになるということです。
 充分な面積を確保したつもりでしたが、やはり、どこかにカーブポイントを入れないと厳しいかな?
 ただ、13㎜ゲージのカーブポイントは市販されていないようなので、自作するしかなさそうです。

 また、ダブルクロスの複線間隔とポイントを抱き合わせた複線間隔の違いが分かったことも、駅構内配置の検討に参考になりました。

 そして70番レールの細さに驚いたことも報告しておきます。


 13㎜ゲージ鉄道模型は、車両側に改軌工作が必要なうえ、レールは強度面で気を使いますが、なぜわざわざ面倒が待ち受けていそうな選択をしたかというと、日本の風景に16.5㎜ゲージが合わないと感じているからです。
 どなたもそれには目をつぶっておられるのだと思いますが、私は頼りなげな日本の鉄道風景をどうしても再現したいので、思い切って踏み切りました。
 極端な話、うまくいかなかったら「車両なんて走らせなくてもいいや」ぐらいの覚悟をしています(…マジで?)。


 これは、KATOのHOユニトラックを使ったジオラマです。
KATOユニトラックを使ったジオラマ
 感じ方は人それぞれ。でも私は、思わず「欧米か!」と言いそうです(懐かしい!)。
 レールと周囲のストラクチャーとのアンバランスから、バカでかい車両が走って来そうに感じてなりません。

 13㎜のレールを重ねると・・・
13mmゲージを使ったジオラマ(イメージ)
 ウン。この感じです。
 自分としてはかなり印象が変わって見えます。
 「狭軌感」が出ています。

 ただでさえ手が遅いのに、ますます工事が遅れるような道を選択してしまいました。
 でも、大きな鉄道模型レイアウトは一生に一つしか作れないだろうと考えているので、基本路線では妥協したくなかったのです。

 どの道、もうレールを買ってしまいました。
 乗りかかった汽車ですから行くしかありません。



レイアウト ジオラマ建設計画 次回へ
レイアウト ジオラマ建設計画 前回へ

国鉄羽中線・大和電気鉄道の舞台設定


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2010.12.05(07:49)|レイアウト ジオラマ 建設計画コメント(17)トラックバック(0)TOP↑
夢は大きく
こんにちは。
いやぁビックリです・・・
まさかの13mmへようこそですね^^;
それでもはじめから13mmで製作するならまだいいかもしれません。
ウチのようにエンドレスでつなげてしまってから・・・
或いは所有車輌が増えてからでは遅いですからね。

夢は大きくいきましょう!
13mmに手をつけている知人がいます。
13mmのクラブもあります(知人が入っている)
From: とと * 2010.12.07 12:41 * URL * [Edit] *  top↑

Re:とと様
こんばんは。コメントありがとうございます。

そのまさかで13mmです。
おっしゃるとおり、まだ何も揃ってない状況だからこそ、できることだと思っています。

すでに告白済みのとおり車両への関心が薄いので、今の手持ち車両でほとんど満足しています(プラ車両ばかり40両程度)。
今後は、貨車を少しと、地方私鉄用車両(夢の自作かな?と思っています)を少し揃えて、車両増備は終わりの予定です。

このくらいの数なら、何とかなりそうに感じています。

13mm化はいろいろとわからないことが多いので、何でも情報が手に入るネット時代ということも、踏ん切りをつける助けになりました。
From: genchichi * 2010.12.08 23:19 * URL * [Edit] *  top↑

凄いですね~。

>目をつぶって
私は今まであまり感じたことはありませんでした。(鈍感か?)
でも、写真を見ると確かに「欧米か!」ですね。下の写真がしっくり来るのは納得できます。Nの幅広、線路高の高いのに見慣れているからHOでも納得してしまうのかもしれません

いろいろ、大変そうですが、がんばってください。たのしみにしています。
From: kazu * 2010.12.12 15:25 * URL * [Edit] *  top↑

Re:kazu様
 コメントありがとうございます。

 身の程も知らず、工作技術が問われる道を選択してしまいました。

 16番は「車両がガニ股」と言われますが、私は車両については気にならないのです。
 ただ、線路が立派過ぎて、狙っている「ほそぼそとやっている」感じのシーンにならないなぁと思っていました。
 特に地方私鉄のシーンでは、どうしてもそれが気になってしまいます。

 ガーダー橋なんかも、「本当にこれ渡るの?!」と思うような、平均台のような橋にしたいのです。

 挫折しないようがんばりますので、またご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
From: genchichi * 2010.12.12 22:13 * URL * [Edit] *  top↑

思い切った決断ですね。
でも、手持ち車輌が少ないとおっしゃるので、
今から新規スタートと考えるとあまり大げさなことではないと思います。

13mmをやっている人に聞いた話では、
13mmだから特に難しいということはない。
市販品が少ないので、いろいろ自分で改造なり、パーツの調達なりを
しなければならないのが面倒。
ということでした。

熱意があればやり遂げられると思います。
頑張って下さい。
From: 初瀬春日 * 2010.12.12 23:05 * URL * [Edit] *  top↑

Re:初瀬春日様
 コメントありがとうございます。

 >13mmだから特に難しいということはない
 誰でもそうなんでしょうか?私の場合はちょっと不安ですが…

 今まで、#83(プラ道床付き)と#100のレールをいじってみた感覚からすると、#70はホントにフニャフニャに感じます。

 身の丈に合った、できるだけ簡単な線路配置を考えてはいるのですが、カーブにはぜひカントをつけたいと思っており、そういう部分で、路盤工事に高い精度が要求されそうな感じがします。
 レール強度(道床強度も含む)があれば、微妙なねじれを補正してくれそうな気がしますが、#70のフレキシブルレールでは、あまり期待できそうもありません。

 また踏んだりけったりのドタバタ劇をご覧いただくことになってしまいそうです。乞うご期待というよりも、乞うご声援です。
 よろしくお願いいたします。
From: genchichi * 2010.12.12 23:25 * URL * [Edit] *  top↑

がんばってください!!!
はじめまして!

以前から拝見いたしておりました。
図面のレイアウトが13㎜で完成すると素晴らしいですね!
楽しみにしております&応援しております。

実は私もずっとNをやっておりまして、16番に復帰(最初は16番だったんですがNに転向してました)する時に13㎜を選択しました。

今はIMONのJM組み立て式線路と篠原のポイントで、ちょっとずつ進めている改軌車輌の試運転程度をしています。
そのうちポイント部分は駅モジュールとして作りたいと思っております。

今後も参考にさせていただきます。
がんばってくださいませ!!!
From: 国電大好き * 2010.12.15 08:26 * URL * [Edit] *  top↑

Re:国電大好き様
 はじめまして。
 コメントをいただいていたのに、お返事ができなくて大変失礼しました。

 以前からご覧いただいていたとのことで、うれしい限りです。

 すでに13㎜をやっておられるんですね。
 私の方こそ参考にさせていただきたいので、もし公開されているようでしたらサイトを教えてください。

 レイアウトプランは、大幅に変更しました。
 何回描いても直したくなってくるので困ってます。
 次の記事でご紹介しますので、よろしければまたご覧ください。
From: genchichi * 2010.12.18 17:38 * URL * [Edit] *  top↑

はじめまして
はじめまして。
16.5mmゲージのレイウトを持つ者です。
私のレイアウトは屋根裏部屋に設置してあり、国鉄羽中線/大和電気鉄道様と同様、12分割で作成したユニットを組み立てたものです。
私のレイアウトは運転を目的にしていますので、国鉄羽中線/大和電気鉄道様とは若干路線が違うかも知れませんが、レイアウトは作成直後から破損が始まること、運転をする場合は保線作業(線路の掃除)が不可欠であると身をもって感じています。
From: 模型・上田地方鉄道 * 2011.02.20 10:39 * URL * [Edit] *  top↑

Re: 模型・上田地方鉄道 様
 はじめまして。
 ご覧いただきありがとうございます。
 このところまったく作業が進んでおらず、恥ずかしい限りです。

 私も一応は運転したいなと思っています。そこで技術不足を補うため、線路配置は複線エンドレスのみと単純にし、メンテナンスの労力を最小限にしようと思っています。
 余力があれば、地方私鉄路線も作りたいですが、最近は完成しないのではないかと思い始めていますので、どうなることやらです。

 上田地方鉄道様のレイアウト、拝見いたしました。壮大な構成ですね。素晴らしいです。

 私も早く運転できるところまで作業を進めたいと思います。
 でもなかなか時間が取れないんですよね…
From: genchichi * 2011.02.20 22:38 * URL * [Edit] *  top↑

運転に向けて
以下、拙鉄の経験からのアドバイスのつもりですが、単なる自慢話であれば申し訳ないです。

1.保守第一で。
 保守部品の確保が必要です。特に、ポイントマシーンや複雑なポイントです。
 ポイントマシーンへの電気配線を共通仕様のコネクターにしておくと、ポイントマシーンを交換する際、配線間違が発生しません。
 拙鉄も一応配線図を作成して施工したのですが、故障修理の際にはあまり役立ちません。
2.材料の調達は前倒しで。
 拙鉄のような地方では、材料の調達も思う通りにはいきません。
 材料が調達できなければ設計変更もやむを得ません。
 拙鉄の場合、プラットホームの上屋を真鍮角材から作成したのですが、この調達で大阪、京都の模型店めぐりをしました。
 それでも不足だったので、裏側は丸棒で代用しています。
From: 模型・上田地方鉄道 * 2011.02.21 09:29 * URL * [Edit] *  top↑

Re:上田地方鉄道様
コメントありがとうございます。
とてもためになる話です。
確かに、仕事でもなんでも、システム化やルーチン化で効率を上げることは重要です。

また、以前、ポイントマシンを自作して制作費用を圧縮しようと思っていましたが、別の作業(バラスト撒き)で、材料費をケチることが得になるわけではないと痛感する失敗がありました。
材料調達は作業環境の維持に欠かせないと思います。

夜、作ろうと思って机に向かっても、材料がなく週末を待たなければならないなど、何度も経験しています。
しかも大抵の場合、次の週末はいろいろあって買いに行けず、ず~っと停滞してしまいます。
まさに「ドロナワ」式の典型ですね。
From: genchichi * 2011.02.21 23:58 * URL * [Edit] *  top↑

運転に向けて
拙鉄は3.4m四方の16.5mmゲージ常設レイアウトを持つ者です。

先ずは拙鉄の実績から。
 工程(単位:年)
  レイアウト作成  3.5
  車両の整備    1.0
 費用(単位:千円)
  台枠        16
  レール+ポイントマシーン  54
  シーナリー     36
  ポイント制御盤   40
  パワーパック(運転用)64
  パワーパック(照明用)32
  パワーパック(テスト用) 13
  電気配線      23
  ストラクチャー   52
  バラスト、樹木   30
  部屋の照明     17
   費用合計     377

真鍮製完成品車両の価格と比較すると、レイアウトは極めて
安価です。
問題は工期です。
拙鉄の様な小さなレイアウトでも1周10m近くあり、車両を
走らせるとすぐに200m~300mになります。
車両には安定した走りが要求されます。
拙鉄の場合、バラキット組み立てや自作の車両がありましたが、
レイアウトで走らせられる状態に無く、これの整備に1年を
費やす羽目になり、結局合計4.5年を費やしました。
「レイアウトは50歳以前に着手しないと永久に完成しない。」
との格言の意味が理解出来た次第です。

費用面から言うと、電装系に意外に費用が掛かりました。
旧型モーターと新型モーターの性能差が大きく、
3端子レギュレータを使用した電源では同じノッチ位置でも
走行速度に大差が出てしまいます。
地鉄はLM2679ADJと言うダイオードを利用して
これを解消しています。
From: 模型・上田地方鉄道 * 2011.02.23 21:01 * URL * [Edit] *  top↑

Re:上田地方鉄道様
 コメントありがとうございます。
 これはかなり具体的な数字ですね。非常に参考になります。
 貴重な情報をありがとうございました。

>1周10m近くあり、車両を走らせるとすぐに200m~300mになります。

 この部分、頭では分かっていることでも、あの小さな車両がグラウンドの端から端まで走る様子を思い浮かべると、虚弱体質では使い物にならないことが想像できます。
 また、車両は「消耗品」と考えるべきかなとも思います。

 価格の面だけでなく、そういった意味でも、私は大手メーカーのプラ車両以外にはできるだけ手を出さないようにしています。
 
From: genchichi * 2011.02.26 10:40 * URL * [Edit] *  top↑

模型をがんがん走らせるには
走らせる模型としての考察。

》この部分、頭では分かっていることでも、あの小さな車両がグラウンドの端から端まで走る様子を思い浮かべると、虚弱体質では使い物にならないことが想像できます。
》また、車両は「消耗品」と考えるべきかなとも思います。
》価格の面だけでなく、そういった意味でも、私は大手メーカーのプラ車両以外にはできるだけ手を出さないようにしています。

お世話になっております。地鉄です。
拙鉄の目指す模型は蒸気機関車+客車で、運転会では天賞堂完成品や珊瑚バラキット組み立て機が本命で登場しますが、3周もするとプラ系の機関車に鑵替え。天プラ-EF56、EF57、TOMIX-DF50、KATO-EF58が代替機で登場します。
ガンガン走らせるには低コストと性能の両立が必要ですよね。
それと、車両の室内灯とレイアウトの照明も雰囲気作りには重点事項と考えます。
From: 模型・上田地方鉄道 * 2011.02.26 22:53 * URL * [Edit] *  top↑

Re:上田地方鉄道様
コメントありがとうございます。
天賞堂製でもプラキットは良く走るのですね。

私にとっても蒸機の走るレイアウトは永遠の憧れです。
が、すでに諦めています。

理由は2つ。
1.充分なディティールを持つモデルは高すぎる
2.高いものを買っても結局は蒸機の魅力を表現しきれない

2は煙・蒸気の問題です。
発煙ユニットを組み込んでも、煙の粒子感というのか、うまく言えませんが、煙が1/80になっていないため、数十万円の車両でも模型であることが強調されてしまいます。

煙突からスケールに合った煙をモクモクと吐き、シリンダーあたりから真っ白な蒸気を噴出させる技術が開発されたら、あらゆる犠牲を払ってでも手に入れたいです。



From: genchichi * 2011.02.28 00:18 * URL * [Edit] *  top↑

LM2679
横レスで失礼。

貴サイトは、しばしば拝見させていただいており、
いつも大変参考にさせていただいております。

LM2679は、ダイオードではありません。
電流制限付きの降圧型のスイッチング定電圧源です。

http://pdf1.alldatasheet.com/datasheet-pdf/view/8786/NSC/LM2679.html

では
From: 通りすがり * 2012.04.11 05:10 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。