上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 鉄道模型レイアウトは、頭の中でプランを考え続けるだけで楽しく、一度決定したと思っても、しばらくすると気が変わったりして、すでに数え切れないほどの描き直しをしています。

 「またか!」と思われそうですが、2010年中の大型レイアウト着工を決心し、去年の12月にご紹介した「最終プラン」も、あれから1年が経ちまた変わってきてしまいました。

 ちなみに、2010年もあとわずかですが、まだ1cmもレールを敷設していません。
 ナサケナシ。

 今回、描き直したプランはこのようなものです。
  大型レイアウト最終プラン
 実線が国鉄羽中線、点線が大和電気鉄道です。
 シーン構成は、国鉄駅から左回りに、「駅前風景」→「港町風景」→「入り江}→「トンネル」→「鉄橋」→「田園風景」→「駅前風景」です。
(すみません。頭の中のイメージなので、文章では伝わりにくいと思います。)


 今回はかなり大規模な変更ですが、実は、これに近いプランはかなり前から考えてはいたものの、部屋の入口(中央の階段)から作業台への動線で、必ず台枠をくぐらなければならないという致命的な欠点があるため踏み切れずにいたのです。

 でも、以前ご紹介した「最終プラン」でも、台枠をくぐらなければ運転席2へ行けません。
 かなり悩んだ結果、多分、面倒で運転席2へはあまり行かなくなってしまうのではないかと考え、プランを反転させ、このようになりました。

 これによって、次のメリットが出てきます。

①港町風景(左側)と田園風景(右側)を分けることができる。
②作業台が広く取れる

 ①は重要で、大和電気鉄道沿線は田園風景にしたいのですが、以前のプランでは一部港町風景の中を通過するため、シーナリーがイメージしにくかったのです。ブロックごとに性格をはっきりさせるのは、「♪今は山中 今は浜~」の実現に大きな効果があると思います。

 ②については、既存の作業台(右下)が広く取れるだけでなく、多分、最後に作るであろう私鉄の終着駅(右上)ができるまで、そのスペースも作業台にすることができ、途中の作業性が格段に向上することが期待できます。

 なお、今回の見直しでダブルクロスを左端に置くことにしました。
 本当は、駅構内の直線区間に置きたいのですが、2mのホーム長を確保するためには、どうしても直線区間以外に置く必要がありました。残念ですが仕方ありません。

 こうした見直しを経て、いよいよ作業に入るわけですが、果たして2010年内にどの程度できることやら・・・
 乞うご声援です。

レイアウト ジオラマ建設計画 次回へ
レイアウト ジオラマ建設計画 前回へ

国鉄羽中線・大和電気鉄道の舞台設定


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2010.12.18(18:23)|レイアウト ジオラマ 建設計画コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
これだけのスペースが使えるのはいいですね。
図面を書いているだけで楽しめますね。

ちょっと感じたことを。

駅の向こう側はヤードと機関支区、それに続いて車輌置き場なんでしょうか。
この部分で、駅と機関支区の間のヤードが、
有効長があまりとれないんじゃないかと思います。
左右に余裕があるので何とかなりそうですが、分岐が多くなるほど、
ポイント部分で削られる有効長が多くなります。
ホーム脇に貨車や客車を留置してあるのは魅力的ですが、
駅の規模とのバランスがとれないと
かえってせせこましく感じるのではないでしょうか。
まあ、この点は実際に線路を置いてみないと何とも言えないのですが。

ホームの有効長が2m取れるとは、ホームレイアウトとしては素晴らしい条件ですね。
2mを目一杯ホームにするか、ホームを短めにして前後に余裕を持たせるかで、
都市部の駅か、ローカル線かの雰囲気が違ってきます。
個人的な好みを言わせていただければ、ホーム長が短くて、
機関車と最後尾の客車はホームにかからない、という風景が
ローカル線のイメージがあって好きな光景です。
かつて写真を撮りに行ってた頃は、
しょっちゅうホームにかからない客車から地面に飛び降りていました。

勝手なことばかり書いてすみませんでした。
From: 初瀬春日 * 2010.12.19 01:47 * URL * [Edit] *  top↑

こんばんは。
広いレイアウトスペースが確保できるのはうらやましいです。
ホームが2mということは20m級で8輛。本線の規模にもよりますが、本線らしい雰囲気が出せる長さがとれるのが良いですね。

ところでダブルクロスは駅の右側の線路配置を工夫すればそちらに入りませんか。
個人的な好みなんですが、余り駅から離れたところにぽつんとポイントがあるのは風景的にどうかなと思ったもので...。
そのあたりは十分に検討された結果だと思いますので、無視していただいて結構です。
From: なかむら * 2010.12.19 16:39 * URL * [Edit] *  top↑

Re:初瀬春日様
こんばんは。コメントありがとうございます。
実は、「実際に線路を置いてみないとなんともいえない」というご指摘のとおり、ヤード部分は固まっていないのです。
検討していくうちに変わっていくと思います。

想定としては、駅裏のヤードには貨車を数両留置し、その向こうの機関庫らしき建物には、入換機と除雪車両が入っている程度です。
確かにこの部分、有効長はあまり期待できないのですが、電車が何編成も留置される大きな駅はムリだと思っています。

生まれ育った街の駅が、かろうじて特急が止まる小さな駅(3番ホームまでしかない)で、どうしてもこれをモデルにしたいのです。また、ホームレイアウトで優等列車を停車させる駅としては、この程度が上限かなと思います。

ちなみに、右上のヤードは模型としてのヤードで、長編製はここに突っ込んで、その前に背景板を立てて見えなくしたいと考えています。

駅前後のゆったりスペースはできるだけとりたいと思いますが、どうしても8両編成をホームにつけたいのです。がんばって確保したスペースですが、鉄道のスケールの大きさを表現するには全く足りません。

レイアウトって難しいですね。
From: genchichi * 2010.12.19 23:55 * URL * [Edit] *  top↑

Re:なかむら様
こんばんは。コメントありがとうございます。
ダブルクロスの位置は、自分でも本当に残念ですが、
①可能な限り大きなカーブにする
②駅構内を、左奥から部屋中央に向けて角度をつける
③8両編成が入るホームをつくる
④作業スペースを確保する
という理想があって、どうしても犠牲にせざるを得ません。

右側には余裕がありますが、大カーブとそれにつながる自然な曲線は、カーブの内側・外側の両方から眺められる重要な部分で、ここにだけはムリをかけたくないのです。

記事をご覧いただいたか分かりませんが、子どもの頃読んだ絵本の影響で、どうしても20系客車の編成を走らせたいのです。こういった列車ははとても長く、フル編成ではエンドレスのほとんどを車両が占めるような状況になってしまいます。

ギリギリの線で8両。
そのため、アパート住まいのときから2mのホームを実現したくて、家の設計時、ワザと細長い屋根裏ができるように、下の間取りを細工しました。女房は知りませんが。

それで出来上がったのが、2.5m×8mのスペースです。ただ、長すぎて、中央にいても両端を走るHO車両は遠くてよく見えません。
広ければいいというわけでもないみたいです。贅沢な悩みですけど。
From: genchichi * 2010.12.20 00:25 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。