上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 鉄道模型誌のレイアウト紹介記事などでは、よく全体図が示されています。
 私も描画ソフトで全体図を描いて、このブログに掲載しています。

 こうした図面上では、正確な半径で滑らかなカーブを書くことができますが、実際にベースボード上で実物大のカーブを描くにはどうしたらよいのでしょうか。

 長い棒に空けた穴にペンを挿し、一方を支点にしてぐるりと回す?
 それとも紐の先端にペンを結んだ方が簡単?

 でも、部屋の中の柱がジャマでうまく回せないときは?
 円の中心が部屋の外にある場合はどうすれば?

 いろいろ考えた結果、カーブを描くための道具を作ることにしました。  鉄道模型のレイアウトは、おそらく1枚のボード上に建設されることが最も多いと思われ、その場合は、手製コンパスを使ってカーブを描くのが簡単だと思います。

 でも、私の壁面周回型のレイアウトのように、複数のボードを組み合わせてレールを敷く場合は、カーブの中心がボード上にないことが多いため、結局は、「曲がった定規」をいくつも作ってカーブを描くのが、面倒なようで一番の近道だと思います。


 1mの定規にペンを固定し、一方を支点にして回す方法で、薄いベニヤ板に何本も弧を描きます。
 これをカッターナイフで切り出して、このようなものを作りました。
カーブを描くための道具
 ちなみに、半径1m以上のカーブを描くときは、定規を2本組み合わせて使いました。


 曲線を正確に切り出すのは難しいですが、仮に線が多少ギクシャクしたとしても、レールを敷く際にその弾力である程度補正されると思うので、それほど神経質にならなくても良いと思います。


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2011.01.05(02:46)|技法コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
今年もおつき合いをお願いします。

まさに、鉄道用カーブ定規ですね。
こんな物→http://item.rakuten.co.jp/gazaiya/te14-401/ありますが、個人で買うには高すぎ?(前にいた設計事務所にはありましたが)
私は、CADでの作図をスケールを合わせて出力し、型紙にしています。
でも、パイクだから出来ることかなぁ?
From: tototo * 2011.01.05 13:47 * URL * [Edit] *  top↑

Re:tototo様
 あけましておめでとうございます。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 ちょっと忙しくて返事が遅れました。もうしわけありません。

 ご紹介いただいた定規、こんなの初めて見ました。便利かもしれませんね。

 ただ、やはりちょっと値段が高いと思います。
 私が作ったのは、全部あわせて500円のベニヤ板の半分しか使っていません。
 レイアウト建設当初の短期間しか必要ないことを考えるとちょっと…

 貧乏鉄道会社には贅沢すぎる道具です。
From: genchichi * 2011.01.07 20:15 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。