上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 ジオラマやレイアウトに植え込む樹木の作り方について、自分のやり方の一つとして開発した手法を記録しておきます。

 この手法で作った木をジオラマに設置するとこんな感じになります。
ジオラマに樹を植える
 HOスケールです。

 なんの木か?
 はっきりと意識しているわけではありませんが、カシの木の仲間でなんとか通用しないかなと思ってます。

 昨今、ジオラマ関係の材料はどんどん細密化していて、もはや伝説的な素材「オランダフラワー」や、一枚一枚の葉を再現できる驚きの製品などを使えば、とてつもなくリアルな樹木が作れることは容易に想像できます。

 でも、大きなジオラマやレイアウトではかなりの数の樹木が必要になり、高価な細密素材で全て賄おうとすると膨大な費用がかかってしまいます。
 また、オランダフラワーの幹はちょっと細すぎるかな…とも思っています。

 そこでいつも通り、安く・手軽で・納得できるものを自作するため、いろいろ探して目をつけたのがこの花。
木の材料にした花
 たまたまウチの近くにたくさんあるのですが、花には全く興味がないので、いつも何の気なしに脇を通り過ぎてました。

 しかし寒くなってこれが枯れると突然魅力を放ち始めます。
DSCN0816.jpg
 この状態の方が魅力を感じるという人は少ないでしょうけど、この素材を発見したときは「ヤッタ!」と思いました。
 少し緑色を吹けば、このままでも遠景の樹木に使えそうです。

 少し下から見上げると、本物のような枝分かれがあります。
DSCN0817.jpg
 中央の幹より周囲の枝の方が徒長する傾向があるようなので、赤線でカットして接着し直すなどすれば、さらに本物の樹形に近づけることができます。
 なおその際、切り口を斜めにすると接着面積が大きくなって丈夫になります。


 さて、果たしてこの花はいったいなんという名前なのでしょうか。
 この木、何の木、気になる木~という懐かしいメロディがよぎります。

 ずいぶん前からこの花の名前を知りたくてネットでいろいろ調べていたのですが、名前のわからないものを調べるのは難しくてあきらめかけていたところ、最近偶然に、この花の写真を載せているブログを発見してようやく突きとめました。

 これは「シモツケ」という花のようです。

 名前がわかればどんどん調べることができるので、同じ仲間で、もっと樹木の形に近いものもありそうだということもわかってきました。
 「これだ!」というものが見つかったら、素材安定供給のため、庭に植えちゃおうかとも思っています。

 花の名前がわかった喜びで長々と書いてしまいましたが、さて、これをどうやって加工するかというと、ここからはもう簡単です。


 幹と枝を適当に着色してから、葉をつけたいところにマットメディウムなどを塗って、緑のコースターフをつけます。
樹を作る1
 私のやり方では、暗緑色のコースターフを使います。

 コースターフ同士の接着により、枝先が丈夫になります。これもこの方法のいいところです。

 この色のままでは少しドギツイので、乾燥したら上から黄緑をスプレーします。
樹を作る2
 これもいろいろ考えた結果たどり着いた方法で、陽のあたる葉っぱは明るい色、その陰になる葉は暗い色になることを表現しようとするものです。

 微妙なので写真ではわかりにくいと思いますが、これが一番手軽でしっくりくるように思います。



 大量生産に向け、これからシモツケの枯れた花をセッセと集めていこうと思ってます。

 また、この木だけでは情緒豊かな日本の風景を表現できないので、今後は「松」「竹」「杉」(梅でないところがオシイ)の作り方も開発していきたいと思います。

 乞うご期待。



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2013.01.21(04:34)|ジオラマ 樹木のつくり方コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
にこ生主と…
7D402v4W
にーっこにこ・・・
生主と、生○○中××
http://MR861801.2co2co.info/MR861801/
From: ニコ民 * 2013.01.21 20:08 * URL * [Edit] *  top↑

自然素材
天然の素材は実感がありますよね。
でも乾燥すると折れやすいと思うんですが、
これは丈夫なんでしょうか?
植木屋さんでシモツケ買ってきて
自宅に植えとくといいですね。
普通に売ってるんですか?
From: 初瀬春日 * 2013.01.28 09:06 * URL * [Edit] *  top↑

RE:自然素材
こんばんは。コメントありがとうございます。

この素材は、やっぱり強度的には頼りないと言わざるを得ません。
ただ、オランダフラワーやカスミソウなどに比べると、一本一本の枝が太くて丈夫だと思います(それだけ精巧ではないということでもありますが…)。

植木屋さんは行ってないのでわかりませんが、ネットでは売ってるようです。
また、別に見つけたノリウツギという木の花の部分も、結構イイ線行ってるなと思ってます。
From: G太 * 2013.01.29 02:43 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。