上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 ジオラマの草の作り方として有名な、化学雑巾を使った方法をご紹介します。

 完成するとこのような草原になります。
化学雑巾の草05

 高価なミニネイチャーを使わなくても、かなりイイ線いってます。

 近所のホームセンターで白と黄色の商品を見つけたので白を買いました。
 「レンジふきん」という商品名でしたが、ズバリ「化学雑巾」という名前のものもあるようです。
化学雑巾の草01
 緑色のものがあればそのまま使えそうなのに…

 これに着色します。
 気に入った色を調合してシャバシャバに薄めたものを歯ブラシに含ませ、前後左右にこすって毛の部分に色をつけていきます。
 毛先だけ色がついて根本が白く残らないよう念入りに。
化学雑巾の草02
 かなり塗料を喰います。
 そしてかなり手が汚れます。

 草の色は短調にならないようにするのがベターですが、実際にジオラマに貼りつけた後、エアブラシで他の色をのせていくらでも調整可能なので、この段階で完璧な色調を求めなくてもいいと思います。
 またそのためにも、ここではあまり濃すぎない色にしておくべきだと思います。

 なお、まんべんなく着色するため塗料に漬け込む方法も試してみましたが、塗料がたくさん必要でかえって効率が良くありませんでした。


 塗り終わるとこうなります。
化学雑巾の草03
 立派な草原です。

 しかしよく見ると…
化学雑巾の草04
 草をかき分けると、毛が植えてある地の布が白く目立ってしまいます。

 裏返して、地の布を茶色に染めます。地面に見せようということです。
化学雑巾の草06
 これもシャバシャバ塗料で。

 ちょっとわかりにくい写真になってしまいましたが、茶色の地面になりました。
化学雑巾の草07
 完成です。


 これを実際にジオラマに使うとこんな感じになります。
バス停完成記念2

 化学雑巾の草の長所は、そこそこリアルで、広い面積の草地を安価に表現できる点だと思います。

 一方、小さな面積の草の表現は向いていません。
 小さく切り取ると、ボロボロ毛が抜け落ちてしまいます。

 ジオラマに使うときは、端の部分で地の布が見えてしまうため、地面に貼りつけたあと、ミニネイチャーやコースターフを使って境界をごまかすことでさらに見栄えが良くなります。
 上の作例でもそうしています。


関連ページ:ジオラマの草の植え方を考える
関連ページ:静電気を使った草の作り方
関連記事:ジオラマの草の作り方(まとめ)


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2013.02.03(07:14)|ジオラマ 草のつくり方コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
うまく処理されていますね。
以前自分が化学雑巾を使った時には、
繊維が塗料でくっついてしまい
草のようにバラすのが大変だったのと、
下地の白が目立って
結局うまく使えませんでした。
塗料の濃さの調節と、歯ブラシで毛羽立たせるのに
コツがいりそうですね。
From: 初瀬春日 * 2013.02.07 22:37 * URL * [Edit] *  top↑

コメントありがとうございます。

塗料の濃度は、普通のプラモデル用アクリル塗料を5倍くらいに薄めてます。
歯ブラシはコツもなにもなく、適当に縦横にこすってるだけです。
毛がくっついたら、グシャグシャに揉み込むといつの間にか離れますよ。

実は、これを実際にジオラマに貼り付ける時の方がコツがいる気がします。
From: G太 * 2013.02.08 01:08 * URL * [Edit] *  top↑

なるほど!雑巾、その手がありましたか!!
だいぶ目からウロコ状態です。
参考にさせていただきます
From: OGN * 2014.01.11 00:11 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。