上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 怪しげな荷台をめちゃめちゃに錆びさせます。
 でも、ところどころに元の色が分かる部分もほしい。
 失敗したら作り直す覚悟で初めての方法でやってみます。
 まず元の色を塗ります。
ベースの青を塗る  残った塗料にTAMIYAのラッカーパテを混ぜます。
 このパテ、未開封の新品だったのですが中はほとんど固まってました。10年くらい前に買ったので無理ないか。
 耳掻きでほじくり出しました。
塗料にラッカーパテを混ぜる
 これを適当に塗ります。パテが硬く塗りにくいためこすりつけるようにしましたが、下地の青を侵してしまったところもあります。
パテを塗りたくってます
 もうどうなるのか自分でも怪しくなってきました。

 これにハルレッドを塗ってみます………?□#◎~×♪△……!…

 だめでした。完全に失敗です。
 塗装がすごく苦手なのに塗りで錆を表現しようなど無謀でした。うぅぅ。お見せできません。

 計画を変更し、空き地付近の地面を作ることにしました。
 まず庭の砂をふるいにかけた細かい砂を撒きましたが、砂場のようになってしまいました。
 考えた末、本物のセメントに大きめの砂粒を混ぜてふりかけ、マットメディウム水溶液を流して固着させました。
 この間、写真を撮る余裕もなくここまでやってしまいました。
計画を変更して作った地面
 色が濃いので白っぽい塗装が必要ですが、なんとか田んぼ道らしくなったと思います。

 ここまで、築堤も含め地面作りで大きな反省がありました。
 ムートン生地でつくった草は布の部分が厚いため、地面を作ってから貼り付けると一段高く浮いてしまうと思い、草を先に貼って布の段差を砂などで埋めようと考えました。
 結果的にこの方法が功を奏した部分もありますが、作業しにくくひどい目にあいました。絶対に地面作りが先で、段差ができてもターフなどでごまかせそうです。
 そして、地面作りの前に完成後のイメージをできるだけ正確につかんでいなければならないことも分かりました。

 はぁ。これ完成するのかなぁ。
 もう寝よう。こんなこと続けてたら死んでしまう。
 

ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2008.12.02(03:40)|ミニモジュールコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。