上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 昔作りかけて放置した組立式HOレイアウトの工事を再開しました。

 しかし、すでにベースボードや線路配置が決まっており、表現可能なシーンに大きな制約があります。
 現時点のラフなイメージは次のようなものです。
組立式HOレイアウトの情景イメージ
 橋やトンネルなどのない、平坦でシンプルな地形です。
 ここで10年前の話に少しお付き合いください。

 当時、なんのビジョンもないままKATOの線路セットでできる簡単なレイアウトとして着工しましたが、収納方法はこのように考えていました。
 今回もこれは踏襲するつもりです。
レイアウト収納方法
 この構想では各ブロックの高さを20cm程度に抑えなければなりません。

 ある程度ストラクチャーなどを配置するには、ボード自体を薄くしてクリアランスを稼ぐ必要がありますが、薄くすると強度が出ません。
 そこで、レールの路盤自体に構造材の役割を持たせることにしました。

薄いボードの強度を路盤が補っている
 ボードの台枠は28mm角材で、ちょっと頼りない感じですが、これに13㎜厚ベニヤから1枚ものとして切り出した路盤をがっちり接着しています。
 写真ではわかりにくいですね。

 なお、B・Dブロックのカーブ区間も、同じ考えで半円分を1枚から切り出しました。

 これで多少は強度が出ましたが、代償として路盤に切れ目を作ることができなくなり、橋の建設は不可能になりました。


 話は変わりますが、10年前当時、私は国鉄型の車両しか持っていませんでした。

 線路敷設終了後もちろん車両を走らせて遊びましたが、手持ちの国鉄型大型車両を走らせる舞台としては、このレイアウトは物足りなく感じました。

 こうしてこのレイアウトは長い眠りにつくのですが、数年前、自分に大きな変化がありました。

 宮下洋一氏の「地鉄電車慕情」を購入したのです。
 これは本当にすごい本です

 実際には見たこともないのに、懐かしさがこみ上げてくる情緒あふれるシーン。すさまじいディティール。
 毎日眺めたため、擦り切れてページもはずれ、もう1冊買おうかと思っているくらいです。

【AMAZON】 地鉄電車慕情 改訂新版―宮下洋一作品集 車両とレイアウト・・・”模型鉄道”のコンセプトと工作の実践 (NEKO MOOK 1044)

 この本のおかげで「地鉄をやってみたい」気持ちが芽生えました。

 地鉄電車なら、短いホームやR550の急曲線でも十分な舞台になります。

 当時失った意欲がムクムクとまた盛り上がってきました。

 前置きが長くなりましたが、この組立式レイアウトでは電化地方私鉄を目指します。
 これが言いたいだけだったんです。長くなりスイマセン。

 (でも車両持ってないけど…どうすんの?)


組立式レイアウトCブロック 次回(その3)へ
組立式レイアウトCブロック 前回(その1)へ


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.01.14(02:05)|Cブロックコメント(6)トラックバック(0)TOP↑
地鉄レイアウト
地鉄レイアウトが楽しみです。

地鉄電車慕情は私も持っていますが、すごい作り込みですね。ただ細かいだけでなく、シーンをまとめるセンスがすばらしい。

私も随分あの本に感化されましたが、実はもっと古く、中学生ぐらいの時に阿部氏の火の見櫓やボンネットバスの記事に衝撃を受け、今もあこがれ続けています。
1970年頃、鉄道模型の参考書にしようと買ったTMSの合本で連載されていたのが阿部氏のアクセサリィシリーズで、自転車、リヤカー、ほうき、井戸、はてはトイレまで。
純真な中学生はその記事で一生続く価値観を洗脳されてしまったのです。
地鉄電車慕情はその感激を改めて感じさせてくれた本です。

やっぱり小さなセクションを作りたくてたまらなくなってきました。

genchichi様の作品のセクションぐらいの密度でこのサイズのレイアウトができあがると本当に素晴らしくなりそうです。

工作の進行を楽しみにしていますね。
From: 初瀬春日 * 2009.01.14 22:00 * URL * [Edit] *  top↑

初瀬春日様こんばんは
阿部氏のアクセサリィシリーズ、残念ながら私は存じませんが、小物が実感たっぷりに配置され、あたかもそこに生活があるかのような作品を見るとなぜかワクワクします。きっとそういう記事だったのでしょうね。
今回の地鉄、テーマの一つはスピードです。この完成に10年もかけていては、その数倍かかる本番では生きているうちの完成は望めません。簡素化、省略、妥協なども必要なテクニックと考え、どこまで短期間で一定レベルのものができるかという点を重視しています。
そういった意味で、もしかしたらせっかくのご期待に添えない部分もあるかもしれませんが、どうか広い心で見守っていただければなぁと思います。
From: genchichi * 2009.01.15 00:21 * URL * [Edit] *  top↑

電車は・・・
初めまして、「とと」と申します。
以前より時折拝見させていただいてます。

地鉄にふさわしい電車が無いと・・・
今度トミックスが発売する「高松琴平電鉄」の旧型車輌なんかはうってつけではないでしょうか?
http://www.tomytec.co.jp/tomix/products/ho/ho605.htm
From: とと * 2009.01.15 01:26 * URL * [Edit] *  top↑

とと様こんばんは
ドキッ!ネタをばらしてしまいますが、実はそのうってつけ車両、予約してあります(1両ですが)。琴平電鉄発売の情報が、このレイアウトに再び取り組む気になった大きなファクターの一つです。
時々とと様のサイトにもお邪魔していますが、ネットデビューして日が浅く活発なやり取りがされている場になかなか入りにくかったので、こちらにおいでいただけてとてもうれしいです。
ありがとうございました。
From: genchichi * 2009.01.15 01:50 * URL * [Edit] *  top↑

阿部氏
古い話で申し訳ありませんでした。
阿部敏幸氏は現在エコーモデルの社長で、アマチュア時代の1960~70年代にたびたびTMS誌上に作品を発表されていました。

現在のエコーモデルの情景小物の多くはその当時の作品が原形になっているといえば、雰囲気がわかって頂けると思います。

車輛中心だった鉄道模型の世界に情景小物というものを持ち込んだ功績は大きく、確実に日本の鉄道模型のあり方を変えたモデラーの一人です。

すべて雑誌記事からの受け売りなんですが、地鉄電車の宮下氏はエコーモデルの常連で、阿部氏とも親交が深いと書かれています。
宮下氏は阿部氏が誌上でその技術とセンスを認め、絶賛したモデラーです。

有名な話なので、もしご存じだったらごめんなさいね。
From: 初瀬春日 * 2009.01.15 08:02 * URL * [Edit] *  top↑

そうだったんですか?
恥ずかしながら全然知りませんでした。
小学生時代Nゲージをチョコッとかじったことはありましたが、雑誌などを買い始めたのは10年ほど前、「一生かけてこれをやろう」と決めたのは4~5年前にすぎません。
にわかモデラーであることが露呈してしまいましたね。
知らないでいる訳にはいかない情報をいただきました。ほんとにありがとうございます。
From: genchichi * 2009.01.16 02:40 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。