上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 組み立て式HOレイアウトの田んぼジオラマの続きです。
kl0015.jpg
 前回作った水面の上に、コルクシートを貼り付けて畦などを作りました。
 左側手前は一番気泡が多くなったところですが、畦で隠せるレベルではなかったので棚田っぽくすることにして、コルクシートをベタッと貼った上に別に作った小さな田んぼを貼り付けました。

 この小さな田んぼは、前回記事のコメントでご指摘いただいたとおり、裏側から色を塗って貼り付ける方法にしたので気泡など一つもありません。とても簡単に作れました。

 これに紙粘土で肉付けして地面を作りました。
kl0016.jpg
 紙粘土工法はミニモジュールと同じです。

 本当は先に踏み切りや架線柱の基礎などを作ってから紙粘土を盛った方がいいのでしょうが、早く地形イメージをつかみたくてやってしまいました。

 左側手前の棚田っぽい田んぼです。
kl0017.jpg
 コルクシートにより、実物換算で1m程度かさ上げしています。この田んぼの向こうはBブロックの神社がある丘につながる想定です。

kl0018.jpg


 中央部分はこのブロックのハイライト。田んぼ道が踏切につながる風景です。
 当初イメージに近い感じになりそうです。
kl0019.jpg
 当初イメージ
Bブロックの情景イメージ

組立式レイアウトCブロック 次回(その6)へ
組立式レイアウトCブロック 前回(その4)へ

組立式レイアウトCブロック はじめから見る(その1)



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.01.29(02:43)|Cブロックコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
水面の表現
田んぼの表面が実にいい感じですね。
雑誌記事を見ていても水面にはみなさん苦労されて要るみたいで、実際に自分では出来るのかどうか見通しがつきません。

でも日本の風景には田んぼは絶対に必要なものなので、genchichi様の工法は非常に参考になります。
From: 初瀬春日 * 2009.01.29 08:46 * URL * [Edit] *  top↑

お久しぶりです。
新しいレイアウトも気合い入ってますね!
田んぼの出来も気になるところです。
プラスターもいいですが、紙粘土はそのままで地形を作ることができるので良いと思います。私も次回は紙粘土で作るつもりです。(^_^)
From: taka@ * 2009.01.31 11:32 * URL * [Edit] *  top↑

初瀬春日様こんばんは
私は列車が映る鏡のような水面にこだわっていて、それを優先するあまり作業性や田んぼとしての実感などを犠牲にしている面があるかもしれません。
参考になればいいのですが。
From: genchichi * 2009.02.01 01:06 * URL * [Edit] *  top↑

taka様こんばんは
あの宮下洋一氏も地形作りに紙粘土を使っているという記事を参考にしたのですが、乾燥過程で意外に収縮し、特に薄く塗りつけた場合にひび割れて下地が露出します。
その上に草の表現をする場合などは隠せますが、そうでないところはヒビを埋めています。
From: genchichi * 2009.02.01 01:23 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。