上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 田んぼジオラマの作り方その1を書いた後、考えに一部誤りがあると気づいたので補足します。
 まずはこの絵を見てください。
tanbo06.gif
 (その1)でこんなことを書いてしまいました。
>実際の田んぼでは、ある方向から水面が見えた場合、それと直角な方向からも同じように水面が見えるはずです。(でもなぜか、直角方向からは水面が見えにくかった感じがするんですよね。これこそ「自分のイメージ」なのだと思います。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 よく考えてみたら、上の絵のように行程Aと行程Bをきっちり揃える必要がないため、植えた方向に沿った視点では真っ直ぐに揃って見えますが、それと直交する視点ではバラバラになるはずです。
 したがって、やはり一方向からしか水面は見えなくなるわけで、「自分のイメージ」は間違っていなかったことになります。

 私は、田植え作業機械化後の田んぼを表現しようと思っていますが、手で植えていた時代にも同じことが言えると思います。
 地方によって名前や形が異なりますが「田植え定規」「ワク」などと呼ばれる農具(長~い六角柱のアレ)で、泥に数条分のマス目を書いて稲の間隔を揃える方法ではこの理屈がそのまま当てはまります。
 ただし、手で植える場合はさまざまな方法があり、これはほんの一例です。特に不規則な形の小さな田んぼ(棚田など)では適当に植えていたんじゃないでしょうか。

 機械植え作業を観察していると、田植え機が田んぼに出入りできるところが限られていて、ここには田んぼ道からスロープが付いています。
 スロープの場所の制限があるからなのか、不規則な田んぼではこんなラインで植えています(なぜこうするのか、ホントの理由は不明)。
tanbo07.gif
 こういう斜めのラインを植えるときは、すでに植え終わったところを踏み潰して新たに植えていくようです。でも田植え機の車輪は、なるべく踏み潰さずに済むよう考慮されているらしく、斜めラインの中は前の稲も残っていたりしてけっこうメチャクチャな植え方になっている例も見かけました。
 メチャクチャな植え方を再現すると、メチャクチャに作ったと思われかねないのでやりませんが…。


田んぼジオラマの作り方(1) 理論編

田んぼジオラマの作り方(3) 実践編1
田んぼジオラマの作り方(4) 実践編2


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.02.07(09:53)|ジオラマ 田んぼのつくり方コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
植え方のイメージ
ブログへ来ていただいてありがとうございます。
色々観察、考察されてますね。感心しました。
ウチのパイクでは、田植えの工程の色々なシーンを表現したいと思っています。
田おこし~水入れ、代掻き、水を張って田植え前、田植え中、田植え終わりなど。
変化のある風景をつくりたい、田植えのボリュームを減らす(笑)、の二つの理由からです。
直線的な植え方ではなく、地形に沿ったRを描く植え方をにするつもりです。
イメージは↓で、この感じを表現できればいいのですが・・・
http://blog-imgs-32.fc2.com/h/u/u/huukeiwoasobu/20090207222537.jpg
http://blog-imgs-32.fc2.com/h/u/u/huukeiwoasobu/20081130004236.jpg

From: tototo@I * 2009.02.07 22:51 * URL * [Edit] *  top↑

tototo様こんばんわ
棚田のイメージ写真いいですね。
これを見せてもらって気がついたんですが、畦って結構低いんですね。tototo様のパイクはこのあたりもうまく表現されていると思います。
私が今作っている田んぼはこの3倍くらいもの高さの畦にしてしまいました。ちょっとションボリ。
でも初夏の田んぼにするので植える稲の高さも結構あり、畦の高さをある程度ごまかせそうです。
From: genchichi * 2009.02.08 01:39 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。