上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 組立式HOレイアウトCブロックの製作作業、今回は軽い工作です。

 水路に簡単な橋をかけました。
kl0024.jpg
 橋といっても、水路幅が実物換算で1m程度の小さな水路なのでこんなもんです。
 この木橋はもっと後の工程でつけるのが普通かもしれませんが、この上に草を植えることで「橋が草に埋もれている」感じが出せるかと思い、先にくっつけました。

 ヒノキ材の表面を荒らしてエージングし、埋め込むように取り付けます。
kl0026.jpg

 暗渠部分は、ボール紙で土管を作って固定後、紙粘土で上を覆いました。
kl0025.jpg
 こんな小さな水路に土管を入れる例は、もしかしたら一般的ではないかもしれません。

 実物では、かなり小さな水路でもガーダー橋で渡る例をよく見ます。
 でもこのレイアウトでは構造的な問題で線路の橋が作れない(理由はこちら)ので、土管を入れる形にします。

 左側の棚田付近の水路もこのとおり。
kl0027.jpg
 土管の径がちょっと大きいかもしれません。
 肉厚が足りない感じもしますが、表面にパテを塗るので、最終的にはもっとボッテリした感じになります。 

 余談ですが、土管を作っているとき「ボール紙の目」なるものをはじめて実感しました。
 よくペーパー車両工作などの記事で、側板を2枚貼り合わせるとき、「目」を互い違いに貼らないと反ってしまうと書かれていますが、そんなことがあるのかなぁと半信半疑でした。
 でも、土管の曲面を出すとき、滑らかに曲がる方向とそうでない方向をはっきりと感じました。どんな製造工程で「目」ができるのかわかりませんが、事実なんですね。

 こっちの水路にも小さな木橋を。
kl0028.jpg
 この水路の右側の田んぼは、施工方法に問題があるので気泡が目立ちます。
 早く稲を植えて、このイマイマシイ気泡を隠したいです。


組立式レイアウトCブロック 次回(その8)へ
組立式レイアウトCブロック 前回(その6)へ

組立式レイアウトCブロック はじめから見る(その1)



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.02.08(13:35)|Cブロックコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
こんにちは。
小さな橋がイイ感じですね。これで草に埋まる姿を想像するとなお風情が湧いてきます。
こういった用水は各地にあるものの、きちんと再現するとなるといろいろ考えてしまいますね。でもナンデモアリという感じもします。(^^ゞ
From: taka@ * 2009.02.09 11:32 * URL * [Edit] *  top↑

taka様こんばんは
私も「なんでもあり」がモットーです。
現実の風景は数えきれないほどの人の手が加えられていて、中には「?」なことをする人がいるものだなあという実例もたくさん目にします。
なにをやってもOKな一方で、ハズレすぎては見る人に疑念を抱かせてしまうので、バランス感覚が大事なんでしょうね。
でも正直なところ土管はなんとなくイメージと合わず失敗かなと思ってます。
From: genchichi * 2009.02.10 00:45 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。