上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 ジオラマの砂利道に表情をつけていきます。

 まず初期状態。前回大雑把な塗装を終えたままの姿です。
kl0037.jpg
 道路脇の水路は、水面との境になるあたりを中心に茶系を吹きつけて陰影を出してあります。  これに木工パテを塗り、部分的に砂利を埋もれさせたりしてから、路面全体にデッキタンを塗ってなじませます。
kl0039.jpg
 その細部。
kl0040.jpg
 まあまあです。

 今思えば、ここでやめておけばよかったのですが、ちょっと手を加えすぎました。
 砂利道はもっと白いのではないかという感じがして、ミディアムグレイにがっちり白を効かせ、全体に吹きました。
kl0041.jpg
 全体の印象はよくなったと思います。しかし細部は…
kl0042.jpg
 一色に塗りつぶされ、「砂利が埋まっている」ている感じに乏しくなってしまいました。

 洗ってリセットできないのが辛いところです。にわかに焦り始めます。
 砂利を浮き上がらせるため、凹部にスミを流そうと考えました。

 結果、大ケガ。
kl0043.jpg
 ティッシュで吸い取ろうとしましたが、路面自体もかなり吸い込んでいて手に負えません。
 ここからは、焦りすぎて写真を撮ってませんが、白に近い灰色を吹き重ね、なんとか収拾を図りました。

 最終的にはこんな感じ。
kl0044.jpg
 結局ドライブラシで砂利を浮き上がらせました。

 以前、HOミニモジュール製作中に「ミリタリー調」とのご指摘を受けたことがあったのですが、今回も俄然その色が濃くなってきました。
 これは戦車が走ってもおかしくない道です。ジャーマンな雰囲気満点です。
 ドライブラシが強すぎるんだと思いますが、今回はこれしか方法がありませんでした。

 もっと先に進む予定だったのに、また余計な遠回りをしてクタクタです。
 3枚目写真の状態の方がマシだったと思います。


組立式レイアウトCブロック 次回(その10)へ
組立式レイアウトCブロック 前回(その8)へ

組立式レイアウトCブロック はじめから見る(その1)



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.02.16(02:11)|Cブロックコメント(7)トラックバック(0)TOP↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2009.02.16 08:36 *  * [Edit] *  top↑

こんばんは。
お疲れ様でした・・・焦りますよね・・・
まるで自分を見ているような(失礼)

最後の写真を見ると軽くペーパーやすりで撫でてあげるともう少し・・・
いや、止めておいた方がいいですね(^_^;)
From: とと * 2009.02.18 01:32 * URL * [Edit] *  top↑

よけいはおせっかいかもしれませんが、ご容赦を。
テクスチャー/色味が少し単調な感じを受けますので、少し乾いたザラザラ感をプラスして、路面のセンターと両端の砂利の部分に少し濃いめの色味足して(薄めた色材を筆で)やれば良くなる気がします。
ザラザラ感を付け足すには、アクリル絵具リッキテックスの「セラミックスタッコ」というテクスチャー素材がが便利で、筆(油絵用)につけて叩く様につけていくと砂っぽくなっていきますよ。
また、木工パテも塗り付けた後、汚れてない指で表面を叩いてやるといい感じのザラザラなテクスチャーが表現出来ます。
良ければ試してみてください。
長文で失礼しました。
From: tototo@I * 2009.02.18 13:36 * URL * [Edit] *  top↑

とと様こんばんは
焦りと投げ出したい気持ちで半狂乱になりながら作業しました。
趣味といいつつ拷問のように感じることが最近増えてきたような…
From: genchichi * 2009.02.18 18:22 * URL * [Edit] *  top↑

tototo様こんばんは
確かにそうなんですよね。単調さがガッカリ感の原因です。とりあえず塗装でもう少し表情をつけてみようと思ってます。
田舎なのでセラミックスタッコという素材が入手できるか分かりませんし。でもその素材の特性はイメージできました。便利そうですね。機会があったら使ってみたいと思います。
From: genchichi * 2009.02.18 18:31 * URL * [Edit] *  top↑

地面
お疲れ様です。

自分もそうですが、一度うまくいかないとそれを修正しようとして泥沼になることはよくありますよね。
車輛工作でボツにしてしまったパーツなんか山のようにあります。
私は失敗は公表せずに出来上がったものだけ見せて、「うまくいった」とごまかしてしまっています。
ずるいですよね。

差し出がましいですが、吹きつけ塗装が単調さの原因のように感じますので、筆塗りをトライされるのはいかがでしょう。
地面関連の参考書では「地面の塗装は塗料をなるべく薄めて、少しずつ調子を見ながら筆塗りしていく」ことが勧められています。
薄い色を濃くすることは簡単ですが逆は難しいです。
あと、木材の目止め用の「との粉」を振りかければ土の質感が出せます。
小面積で試されては?
From: 初瀬春日 * 2009.02.20 16:42 * URL * [Edit] *  top↑

初瀬春日様こんばんは
筆塗りが推奨されている件、参考にさせていただきます。
実はエアブラシはあまり得意でなく、用具の手入れが面倒な点などから好きでもなかったので、プラモデル時代は完全に筆塗り派でした。
でも、こうしたモジュールなどの製作では面積の広さにマイっていて、また染み込む素材に対して筆塗は意外に塗料を食うことも分かり、現在エアブラシを見直し、練習中です。
それから、「との粉」はまさに今週買いに行こうと思ってました。金網ですりおろして振りかけるという手法を試してみようと思ってます。
From: genchichi * 2009.02.20 22:07 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。