上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 ちょっと残念な知らせがありました。
 このHOレイアウトに導入予定だった車両の発売が5月に延期されました。おかげでモティベーションにも影響が…。

 しかし気を取り直して作業を進めます。
 今回は草を植える予定でしたが、気が変わりバラストを撒きました。
kl0051.jpg  HOミニモジュール製作時、HOユニトラックに茶色のバラストをレールの間にも撒き、かなり作業が難航しました。
 この経験から、HOユニトラックの場合、バラストはグレーの石を両サイドのみに撒くしかないと考えていました。

 両サイドのみに撒いて、果たしてうまくいくのでしょうか?
 ユニトラックのプラ道床と本物の石とのニュアンスの違いで、おかしな感じにならないのでしょうか?
 不安はありましたが、実際にやってみるとほぼ問題なし!まさに案ずるより生むが易しです。

 バラストはこれ「モーリン Rストーン」を使いました。
kl0052.jpg
 しかしコレは高いですね(定価1500円?)。本物の砂利なら500円で10㎏は買えます。
 ただの小石をこんな値段で買うことに結構抵抗がありましたが、スコップ片手にいろんなところを歩いてサンプル採取した結果、自前調達は無理と判断し購入しました。
 結果的には値段に見合った価値があったと思います。

 作業は、最初にマットメディウム原液を撒きたいところにボッテリと筆で置いていくように塗り、上からちょっと多めにバラストを盛り付けました。
kl0053.jpg

 最下層がマットッメディウムで固着した後、筆でバラスト表面を均して形を整え、木工用ボンド水溶液を全体に染み込ませます。
 翌朝硬化するとこのとおり。
kl0054.jpg

 プラ道床とモーリンのバラストとの境目は分かりますが、許容範囲です。ほとんど気になりません。
 時間も、ミニモジュールのときの1割もかかりませんでした。
 やはり、みなさんがやっておられる方法が一番いいようです。

 踏切周辺もこのとおり。
kl0055.jpg

 ただし、この色だから違和感が少ないということは言えそうです。
 この上に茶系で錆などの塗装を施すわけですが、のっぺりしたプラ道床部分と石の部分で、塗装後のテイストが変わってしまいそうで心配です。



<オマケ>
kl0056.jpg
 近所を散歩してたら踏切があり、踏み板がちょうど先日作ったタイプに似ていたので写真を撮ってきました。ここは廃止された踏切で長いこと車は通っていないようでした。


組立式レイアウトCブロック 次回(その12)へ
組立式レイアウトCブロック 前回(その10)へ

組立式レイアウトCブロック はじめから見る(その1)



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.02.22(13:02)|Cブロックコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
なかなか
こんばんは。
ユニトラックだとバラストが・・・・・私もそうおもっていたクチです。
ほんとに思ったほどではなく写真を見ると逆に簡単でいい!って思いましたね。

車輌の発売延期でかえって落ち着いてマイペースで進められるのでは?
From: とと * 2009.02.23 00:38 * URL * [Edit] *  top↑

バラスト
こんばんは

バラストをまくと俄然雰囲気が高まってきますね。
このバラストは KATOの道床と全く同じ色で違和感は感じませんね。
踏切の踏み板は抜群に良い感じです。
実例写真にもあるように、木製の踏み板はボルトがポイントなんですよね!
道路も随分と改善されたようで、感じが良くなりましたね。

架線柱は後から孔を開けて立てればいいので、今はあまり考えなくてもいいのでは?
トンネルがあれば話は別ですが。

私は欲張って架線柱は抜き差し出来るようにしておき、電化と非電化の両方楽しもうともくろんでいます。

工事の進展を楽しみにしています。
From: 初瀬春日 * 2009.02.23 01:30 * URL * [Edit] *  top↑

とと様こんばんは
確かに簡単でした。この色のままにする場合はこれで充分な感じですが、ローカル私鉄っぽく赤茶けた色合いにするときに難しさがあるかもしれません。これから試してみます。
From: genchichi * 2009.02.23 19:12 * URL * [Edit] *  top↑

初瀬春日様こんばんは
架線柱は壊れやすいですし最後でちょうどいいんでしょうかね。
取り外し式にすれば破損防止に効果的な感じがするので、その意味で、結果的に私のも電化・非電化両用になるかもしれません。
ただ、ちょうどいい小型の気動車を持ってないのが難ですが。(今は小型電車もない状態ですけどね)
From: genchichi * 2009.02.23 19:25 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。