上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 HOストラクチャーの練習として小さな駅舎の制作をはじめました。

 模型誌などではケント紙を使うようですが、Yシャツなどに入っているボール紙を使います。
 まず側面の壁面を切り出します。
切り出した側面
 設計図は簡単なものを作りましたがとてもお見せできません…  これに、ヒノキ角材で柱などを貼り、エコーモデルのSTウッドで下見板を貼ります。
側面にSTウッドなどを貼る
 柱は1×2mm、梁(鴨居っていうの?)は1×1mm角材を使いましたが、どうも良く分かりません。もっと実物観察しなければ。

 ちょっと途中が飛びますが、色を塗ってこんな具合です。
塗装した側面と妻面
 塗料はグンゼのラッカー系を使いました。薄め液でシャバシャバに薄めて筆塗りしましたが、木材に染みこむと勝手に濃淡が出て、自然な仕上がりになりました。
 ただ、持っている色のうち茶系で使えそうなものがマホガニーしかなかったので、ちょっと暗くなりすぎたかも。

 漆喰の部分は一番手がかかりました。
 柱と梁の間に、ジャストサイズに切り出したボール紙を白い面を上にして落とし込みます。この白い面に筆を洗った薄め液をデタラメに塗りたくってみたらいい感じになりました。


HOストラクチャー製作:駅舎A(その2)


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2008.11.12(00:01)|地方私鉄の小さな駅コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。