上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 前回開始したジオラマに草を植える作業が早くも頓挫してしまいました。
 畦を緑化しているところです。
kl0065.jpg
 畦の真ん中は人が歩くので両脇に草が生えている感じが出るようターフを撒きました。

 本当に不思議なことに、上の写真で見ると違和感が少ないですが、実際には、けっこうおかしなことになってます。

 これにもうちょっとボリュームが欲しくて、コースターフを重ねました。
kl0066.jpg

 う~ん?やはり写真では、それほどひどくない感じに見えますが、現物を目の前にすると、一気にやる気が萎えるようなデキです。
 なんとかしようがあるのでしょうか?

 ネットでいろんな方の作品を見ていて気が付きました。
 やはり、満足のいくものを作るにはいい素材が必要です。

 現在の手持ち素材は、ターフ1色とコースターフ1色のみです(マジですか)。
 ちょっと無謀すぎました。素材調達をするまで緑化事業は中断です。


組立式レイアウトCブロック 次回(その15)へ
組立式レイアウトCブロック 前回(その13)へ

組立式レイアウトCブロック はじめから見る(その1)



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.03.03(21:33)|Cブロックコメント(6)トラックバック(0)TOP↑
草の表現
こんにちは

写真で見る限りでは実感的だと思うのですが、どこら辺が悪いのでしょうか。

強いて言えば単調なんですかね。
地面にしても草にしても表現は難しくて、とても助言できるようなものではないのですが、DVDの受け売りですが・・・・
まず色の濃いもの、または茶系統のパウダーをまき、次第に色の明るいものを重ねてゆく、という方法をやっていました。
ご参考になれば幸いです。

私は地面の色が気に入らなくて塗り重ねていくうちに泥沼になってきました。
本当に難しさを実感しています。
お互いにがんばりましょう。
From: 初瀬春日 * 2009.03.04 12:09 * URL * [Edit] *  top↑

落ち着く事かな・・・
こんばんは。
たしかに写真を見るかぎりいいのでは?と思えます。

実際の風景を何度も距離を置いて眺めて見て考えるしかないのではないでしょうか・・・
慌てないでじっくり考えていると今まで悩んでいたのは何だったんだ!って感じで妙案が浮かびますよ!

私も旧立場川橋梁の下の河や斜面のイメージを子供の春休みに今一度取材してくるつもりです。
From: とと * 2009.03.04 23:02 * URL * [Edit] *  top↑

初瀬春日様こんばんは
自分でも写真を見てアレ?という感じです。確かに写真だけ見るとそんなにひどくはないように見えますよね。実物とのギャップはどこからくるんでしょうか?
色調が一因と思います。実物は草がもっと浮いていて、ターフは青海苔、コースターフはキャベツのように見えます。
近々入手しようと思ってますが、照明設備を持っていないので、これまでの写真はなにかしっくり来ない感じになってしまっています。今までそのエフェクトが悪い方に寄っていましたが、今回たまたまいい方に向いたのかもしれません。
いずれにしろ自分は写真でなく実物を相手にするしかないのでやり直すつもりです。
From: genchichi * 2009.03.05 00:57 * URL * [Edit] *  top↑

とと様こんばんは
妙案というほどではないですが、色調の問題のほかに、周りの雑然とした室内の絵が視界に入るかどうかも関係あるような気がします。
これは大きなヒントで、見せ場にしたい部分を木やストラクチャ、背景画などで囲んで余計なものが目に入らないようにすれば、本来のデキ以上に見せる一つのテクニックとして使えるかもしれません。TMSでも小林信夫さんが背景画の効果を力説されてますよね。
とと様の橋梁モジュールは、おそらく橋をぐるりと囲むような山間の風景でしょうから、そうした効果が相当期待でき、あの橋がさらにすばらしいものになるんじゃないでしょうか。
などと、またプレッシャーになってしまいますかね?
From: genchichi * 2009.03.05 01:19 * URL * [Edit] *  top↑

コースターフは...
こんばんは。私もチョットコメントです。

ターフとコースターフは、誰がやっても、「海苔」と「キャベツ」になるわけで、これはもう、スポンジ粒という素材の限界だと思います。
それでも何とかそれらしく見せるためには、数種の色を混ぜる方法が良いかと。

より実感的な草を表現するには、現状ではminiNaturを使うのがベストでしょうね。価格が高いのが欠点ですが。
で、私の場合は、ご存じ「化学雑巾」を使います。

ただ、miniNaturでも化学雑巾でも、それだけを植えると生え際が不自然に見えるので(カツラみたいに)、私の場合はターフを根元に撒きます。最近は、モーリンのリアルサンドを混ぜたりしてますが。

そういう意味で、ターフは結構使う場面がありますが、コースターフは全く使いません。
繰り返しになりますが、コースターフで草を表現するのには無理があるかと。
From: さとし * 2009.03.06 00:14 * URL * [Edit] *  top↑

さとし様こんばんは
ご覧いただきありがとうございます。
そのとおりだと思います。コースターフは、かたまりで遠景の樹木の葉を表現するなど限定的な用途にしか使えなさそうです。
化学雑巾は小さく切って貼り付ける場合など毛が抜けて使いにくく、不満な点も多いです。
さとし様の作品でCブロック民家Bの前にターフを撒いた草地がありますが、ミニネイチャーを除いたとしても、とても実感的に見えます。これをまねることができるようになろうと考えてます。
入手しにくいことを理由に、あまり素材を揃えようという気がありませんでしたが、代用品の限界が見えたので素直に考えを切り替え、現在いろいろな素材を調達中です。
From: genchichi * 2009.03.06 01:49 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。