上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 素材不足で頓挫したジオラマの緑化事業ですが、材料を仕入れて再開です。
 やはり、身の回りのものを加工して使うのと違い、手軽かつリアルに仕上がります。さすが。

 こんな感じです。
グラスセレクションによる草の表現
 左上は化学雑巾ですが、土管の周りは新たに仕入れた材料で表現したものです。
 使ったのは、MORINのグラスセレクション。
 これにトミックスのカラーパウダーを適当に混ぜました。
グラスセレクションとカラーパウダーを混ぜたもの
 雑草が生えそうなところにマットメディウムを塗り、上からこれをふりかけます。メーカーHPによれば、何度か繰り返して撒くことで草が自然に立ってくるとあります。
 2回撒いてみましたが、確かに1回より立ってくる感じがあります。ただ、1回でも充分かなと思いました。

 道路の法面もこの方法で緑化しました。チョーシに乗ってどんどん撒くと、みるみる雑草がはびこってくるようで面白い作業です。
グラスセレクションによる雑草表現

 塚周辺はまだイメージが固まっていないので手をつけていませんが、道路周りはここまで緑化しました。
緑化した道路周り

 写真に写っているネコジャラシの穂は近所で拾ってきたものです。
 今の段階では使っていませんが、グラスセレクションを一面に撒いただけでは全体の印象がどうしても単調になるので、この穂をところどころに植えてみようかなと思っています。

 畦は、前回失敗したコースターフをゴシゴシこすって落としました。すると…
コースターフを取り除いた畦
 コースターフの粒が、固着部分だけ残してちぎれて、なんか「これはこれでいいのでは」という感じになりました。

 しかし新材料を仕入れた勢いはとまらず、どんどん草がはびこっていきます。
 この上に緑系ターフと茶系カラーパウダーを混ぜたものを撒いた上から、やはりグラスセレクション。
 撒き過ぎ注意です。

 こんな感じになりました。
畦の雑草表現
 撒いた後、草の色が浮いている気がしてダークイエローを吹いて落ち着かせたところ、ちょっと渋すぎる色合いになってしまったので、後の工程で全体を見ながら調整しようと思います。

 今日の作業を終えた全景です。
半分緑化したところ
 こうして離れて見ると、グラスセレクションだろうがターフだろうが関係ないような気がします。
 もしかしたら、紙粘土に塗装だけで表現しても同じくらいの画になるかもしれません。
 でも、顔を近づけると、たしかに草が生えているように見えます。ニンマリ。


組立式レイアウトCブロック 次回(その16)へ
組立式レイアウトCブロック 前回(その14)へ

組立式レイアウトCブロック はじめから見る(その1)



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.03.07(22:19)|Cブロックコメント(6)トラックバック(0)TOP↑
雑草
こんにちは

一番上の土管回りの写真と、5番目のコースター府を除去した後の写真は雑草の感じがとてもいいですね。

グラスセレクションは私も使ってみましたが、草の感じが出ていて良い素材だと思います。

繰り返して播くと良いというのは知りませんでした。なるほど、厚みが出てくるみたいです。

緑が入ると荒れ地が生き生きしてきて楽しくなってきますね。
From: 初瀬春日 * 2009.03.08 10:01 * URL * [Edit] *  top↑

初瀬春日様こんばんは
草の表現もなかなか手ごわいですよね。
コースターフがちぎれて一部残っている状態は、けっこうサマになる感じです。でも、わざわざやるほどのレベルではなく、ターフだけでも同じことができると思います。
ミニネイチャーも買ってあり、使えば実感が高まることは分かってるんですが、どうも使いにくくてまだ採り入れてません。
From: genchichi * 2009.03.08 20:37 * URL * [Edit] *  top↑

こんばんは
いや~いろんな素材があるものですね。
今回のはとてもいい具合に見えます。
このグラスセレクション、私も使ってみたい部分があります。
From: とと * 2009.03.08 23:53 * URL * [Edit] *  top↑

とと様こんばんは
グラスセレクションはいい素材ではありますが、KATOの芝生マットをもう少し立体的にしたような仕上がりになり、これだけでは単調さは避けられないと思います。
でも切って貼るのでないため、どんな地形にも追従させられるし、ちょっとした空白地にパラっと撒くときなど、使いやすさの点で決定的に違います。
だんだん分かってきたのですが、ミニネイチャーや化学雑巾で丈のある草を適当に配置した後、グラスセレクションで間を埋めるのがいい方法だと思います。
From: genchichi * 2009.03.09 03:16 * URL * [Edit] *  top↑

いい感じになってきましたね。
ウチのパイクも田植えがほぼ終わり、下草の表現にやっと取りかかれる様になりました。
今、里山の落ち葉の表現に四苦八苦しています。
From: tototo@I * 2009.03.09 21:58 * URL * [Edit] *  top↑

tototo様こんばんは
田植えのようす拝見しましたよ。もう脱帽です。次の記事でちょっと触れさせていただきました。
落ち葉のサイズはNスケールだとターフぐらいになってしまうんでしょうか?粉に近い粒子を色だけでそれと思わせなければいけないとしたら難しそうですね。
From: genchichi * 2009.03.10 23:41 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。