上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 DE10(KATO)のウェザリングは、全体にウォッシングを施してインレタ・手すり類の取り付け完了まで進みました。

 こうなりました。
手すり類をつけた我がDE10(KATO)

 ウォッシングは、アクリル系塗料で行いました。
 ネットで調べるとみなさんエナメル系でやっておられるようで、一応エナメル系塗料もわざわざ何色か買ってきたのですが、なんとなく使い慣れた方でやってしまいました。
ウォッシング後のDE10(側面アップ)
 ちなみに、下地となる製品塗装はラッカー系のようで、アクリル塗料のウォッシングにも問題ありませんでした。
ウォッシング後のDE10(上面アップ)

 この後は、はじめて使う田宮のウェザリングマスターで細かいニュアンスをつけていこうと思ってます。
 最初はパステルにしようかと思っていたのですが、わざわざ微妙な色合いに調整した商品があるので、ちょっと高い感じもしましたが試してみることにします。

 また、恥ずかしながらなんとインレタや手すりも初めて自分でつけました。
 これが意外に難しくてびっくり。

 インレタを文字間バランスを崩さず真っ直ぐに転写するのはけっこう熟練が必要と感じました。
 また、手すりをぐにゃぐにゃにならないよう差し込むのも難しく、専用工具でも作りたい気がします。

 以前、オークションで入手した車両の手すりがぐにゃぐにゃであきれたことがありますが、あまり人のことを言えないなぁと反省してます。

 取り付けパーツの中で一つ分からなかったのがこれです。
DE10のステップ
 前後につけるステップですが、丸印の中の突起が、パーツの一部なのか成型時のゲートなのかが分からないんです。

 いろんなサイトで写真をよく観察しましたが、暗くて判別できません。
 ということはつまり、どっちでもあまり影響ないということでもあると思うんですが、詳しい方いらしたらどうか教えてください。

 このパーツは、1点だけで車体に保持させるようで、すぐに紛失しそうなため最後につけることにしました。

 なんか、いままで車両そのものにはあまり興味がなかったのですが、ここまでやったら急にDE10に愛着が沸いてきました。
見よ!この勇姿を!
 カッコイイ!

関連記事:KATOのDE10をウェザリングする(1)

関連記事:KATOのDE10をウェザリングする(3)
関連記事:KATOのDE10をウェザリングする(4:仕上げ)

関連記事:KATOのDE10に旋回窓を装備する


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.03.17(22:04)|ウェザリング・ディティールアップコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。