上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 ミニモジュールのプランが決まりません。狭すぎて何も入らない感じです。軌道に平行してあぜ道でも…と安易に流れそうですが、もう少し考えます。
 でもとりあえず、どう転んでも軌道面は上げておいた方がいいと思い、厚さ2cmの角材でベースアップです。
レールをベースアップ  これに法面をつけます。
 かの有名な坂本衛氏の著書に、実物の法面は45°と書いてありましたが、同時に氏はご自分の名作レイアウト「摂津鉄道」では55°くらいを選択されました。多分、模型的に必要なアレンジなのでしょう。実物をそのまま縮尺しても必ずしも実感的でないことは理解できます。
 でもまずはやってみないと分からないので、45°で作ってみます。
発砲スチロールで法面をつくる
 う~ん狭すぎる。もう少し角度つけたところで状況変わんないし。段を削ぎ落とす前に良く考えなければ。
 もう、あぜ道のイメージしか浮かばない。踏み切りはつけたくないしなぁ…(早くも頓挫!?)


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2008.11.12(00:33)|ミニモジュールコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。