上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 ボロボロの小屋ができました。実は同じものを2つ同時に作ってました。
 鉄道模型レイアウト上のストラクチャーとしてはかなり小ぶりな脇役ですが、現在製作中のHO組立式レイアウトのCブロックにおいては主役の位置づけなので、錆びたトタンの表現にこだわってます。 
ボロボロの小屋

 エッチングによりボロボロになった波板を塗装するため、ダンボールに両面テープで固定します。
 板は、ところどころ折り曲げたりして表情を出してます。
トタン板を両面テープで固定

 まず小屋の内側になる面から塗りました。
小屋の内面側を塗装

 次にひっくり返し、外側になる面を塗ります。当然内側より激しく錆びている状態にしなければなりません。
小屋の外面側を塗装
 屋根の三角部分の波板がないのに気づき、急遽小さな三角形を切り出して追加しました。これには、塗装だけでさびを表現しました。

 骨組みも塗装します。古い木造の建物では木材が灰色になっています。茶系の色を混ぜてもいいのでしょうが、あまり茶色に見えないようにすべきだと思います。
小屋の骨組みを塗装
 デッキタンで塗装後、つや消し黒でウォッシングしました。

 いよいよ、波板を貼り付けます。
波板を骨組みに接着(前)
波板を骨組みに接着(後)
 サイコーです。

 わずか3㎝×2㎝の豆粒のようなミニチュアを眺めてニヤニヤしている自分。呆れます。
 できればもっと人に自慢しやすい趣味を持ちたかったとつくづく思います。スポーツとか。

 気を取り直し、屋根の工作に移ります。
 瓦屋根を切り出しました。この瓦は、エコーの瓦をキャストで複製したものです。
屋根瓦を切り出す
  
 エコーの瓦は硬くて切削が大変です。また、エコーモデル製品は欲しいものが多いのですが、地方在住の身には入手しにくいのが難点です。
 これらの問題をクリアするため、エコーさんには悪いのですが複製させていただきました。キャストはサクサク切り出せます。ただ、複製にはエコー製品を買う以上に費用と手間がかかるのでお勧めできません。

 屋根瓦を装着し塗装しました。
 瓦は、コンクリの安物(名前知りません)をイメージしてます。
屋根瓦を装着して塗装
 棟瓦はうまく複製できなかったので、爪楊枝に等間隔で切り込みを入れ、縦に半分に割って使いました。
 でも、ここだけ木製でテイストが違いすぎるので、次はもっとマシな方法を考えねばなりません。

 調子に乗って、破風板と垂木も追加しました。この程度の小屋で、こんなキチンとした造りは少ないかもしれませんが、実例がないわけではありません。
ボロボロの小屋が完成(前)
ボロボロの小屋が完成(後)

 ヤレヤレできました。こんな小さなものに何時間かけてんだと思いつつ、大満足です。
 レイアウトに設置するときは琺瑯看板もつけてみたいです。
ボロボロの小屋


前回:ボロボロの小屋を作る(1)エッチング液で錆びた波板を表現



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.05.03(09:05)|物置小屋コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
小屋
こんにちは。

いや-、素晴らしい小屋ができましたね。
この小屋の主体はもちろん錆びたトタンですが、チラチラ見える柱もいいですねー。

風化した木材の灰色がかった色は本当に難しいですが、いい色でてますね。

自分一人で眺めてニヤニヤする気持ち、よくわかります。
私もこの手のものは家族に見せても「汚い」と言われるだけで褒められませんからね・
From: 初瀬春日 * 2009.05.03 09:31 * URL * [Edit] *  top↑

Re小屋
おはようございます。
柱などがちらちら見えるように錆穴を作ったのですが、実はこういった建物は、トタンをぐるりと回して覆ってあるので、角の柱がこんなにむき出しになるのはおかしいと思います。
でもどうしても実物どおりの工法は無理だったので、やむを得ず一面ずつ作って貼り合わせました。角がすべて錆落ちてしまったということで…
From: genchichi * 2009.05.03 09:49 * URL * [Edit] *  top↑

サビ
こんばんは。
素晴らしいですね!!
こんな表現が上手く出来てちょっと羨ましいです・・・(笑)
From: とと * 2009.05.04 00:52 * URL * [Edit] *  top↑

Reサビ
とと様おはようございます。
エッチングによる腐食はコントロールしにくくて、運まかせの部分が大きかったです。
また、こんな小さなストラクチャーに使った時間を考えると、あまり頻繁に使える技法とも言えないかもしれません。
From: genchichi * 2009.05.04 07:47 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。