上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 HOスケールストラクチャーとして豚舎を作ります。

 私の趣味で、例によってボロボロに荒れ果て、使われなくなって久しい姿を目指します。
豚舎のモデル
 モデルとしたのはこれです。(牛舎だったか豚舎だったかは不明)  畜舎について少し調べてみると、このようなタイプは「開放式」というのだそうで、雨はしのげますが基本的に外気にさらされた状態で飼育するものです。
 要は柵で囲って屋根をかけたような簡単な造りです。

 ヒノキ棒で側面の壁から作り始めます。
ヒノキ棒で側面の壁を作り始める1

 材料の接合は、すべて木工用ボンドです。
ヒノキ棒で側面の壁を作り始める2

 左右の壁を6本の梁でつなぎます。
 側壁同士を梁でつなぐ

 屋根をかけるための骨組みを取り付けます。
屋根の骨組みをつける
 斜めの切り口で全部同じ寸法にするのは結構大変でした。

 製作途中の駅舎では、下見板張り、漆喰壁、ガラス窓、内壁など、表現しなければならないものが多く、ただいま頓挫中です。
 それに比べ、この豚舎はヒノキ棒やエコーモデルのSTウッドなどの組み合わせだけでできるのですごく簡単…と思っていたのですが、そうでもありませんでした。

 骨組みだけのような建物は内部が丸見えなので、骨組み自体を本物に近い構造にしなければなりません。

 トンだものに手を出してしまったと後悔し始めました。トン挫しなければいいのですが…。
 最近、ダジャレを口に出さずに我慢することができなくなり始めました。歳って悲しい…。

 頑張った甲斐あって、内側から見上げるといい感じです。
HOストラクチャー豚舎 躯体完成
 もうちょっと筋交などをゴテゴテつけると雰囲気が出そうです。


HOストラクチャー 豚舎を作る(2)へ



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.05.30(16:16)|豚舎コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
かっちりとした作業をしはりますね。
うらやましいです。
この手建築は、素人補強が入ってごちゃごちゃとした構造になってる気がします。
あと、個人的なのですが廃墟より、現役で表現する方が生き生きとした風景になりませんか?
From: tototo@I * 2009.05.31 00:08 * URL * [Edit] *  top↑

tototo様こんばんは
現物を見た記憶では、おっしゃるとおりゴチャゴチャでした。というよりメチャクチャでした。柱なんて均等なスパンになってないんですよ。強度が足りないところは何本もジャッキポールを使って持ち上げてありました。
そういうのがまたタマラナイんですが、そのまま再現しようとするとキチンと作るよりかえって大変なんですよね。
なぜ廃墟の設定かというと、廃墟好きということもありますが、なにしろ豚が手に入らないからです。それと、生きた施設は車やスコップ、ほうき、バケツ、ホース…など気が遠くなるほどアクセサリが必要になるのもネックです。
アクセサリが揃ってきたら設定変更しようかなと思っています。
From: genchichi * 2009.05.31 01:04 * URL * [Edit] *  top↑

こんばんは
豚舎とはまた面白いところに目が行きましたね!
現役でも廃墟でもご自身のイメージするものを作るのが最適ですよ。
おっしゃるとおりコノ手の建屋はまともな建築ではない事が多いですね。
最近では窓の無い無菌豚舎っていうものがありますが・・・・・
From: とと * 2009.05.31 01:23 * URL * [Edit] *  top↑

とと様こんばんは
「サイロ」っていうんですかね?モデル写真の右端に写っているオレンジのなにか。これを作りたくて決めました。
単調な緑の田園風景の中に、目を引くカラーリングのなにかが欲しいんです。

たった今までブログを拝見していました。不思議な経験をされたんですね。考えさせられちゃいました。
From: genchichi * 2009.05.31 02:06 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。