上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 HOスケールのストラクチャーとして豚舎を作っています。

 屋根をかけて概ね完成しました。
おおむね完成した豚舎
 金属工作が必要になる内部の開閉柵は当面作りませんでした。
 もしかしたら付けないままレイアウトに建ててしまうかもしれません。
 あまり見えないし廃墟だし、良しとします。  今回は屋根に凝ってみました。この瓦屋根をどう料理するか。
st03016.jpg
 どうしてもやってみたかったことがあります。

 傷んでボロボロに穴が開いた瓦屋根に挑戦します。
瓦屋根に穴をあける
 やってしまいました。瓦の厚みが実感を損ねていますがもう後には引けません。

 瓦が落ちたところは下板がむき出しになっているので、それを表現するため瓦の裏からエコーモデルのSTウッドを貼り、さらに1㎜角材で垂木も再現します。
屋根の裏側を作る

 いつも通りグレー系をしゃぶしゃぶ濃度で塗装して屋根をかけました。
豚舎に屋根をかけました

 下からのアングルがタマラン。
下から見た豚舎

 全体が同じ色調でなんかつまらないですが、実物もこんな感じなので考えどころです。模型的にはもうちょっと変化があったほうがいいですね。
 今後のウェザリングなどで表情を出せればと思います。

 レイアウト上では目線を下げて見るので、妻側からこのように屋根の裏が見えるはずです。
st03022.jpg

 会心の作になりました。頑張ってヨカッタ。


HOストラクチャー 豚舎を作る(3)へ
HOストラクチャー 豚舎を作る(2)へ
HOストラクチャー 豚舎を作る(1)へ



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.06.10(06:29)|豚舎コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
豚舎
やっぱり廃墟だったんですか。

屋根の下板がたまりませんね。
中を覗いたときにこういう骨組みが見えるのって大好きで、いつまでも眺めてしまいます。

廃墟だからブタは入れなくていいんですね。
あとは中に放置されたガラクタですね。
ガラクタを作るもの楽しいもんです。
From: 初瀬春日 * 2009.06.10 08:44 * URL * [Edit] *  top↑

屋根の拘りは凄いですね。
模型の場合、上から見下ろす事が多いので、殆ど見えないのでしょうけど、下から見て、チラッと見えた時に妙な満足感を感じますね。
確かに快心の作です。ヽ(^o^)丿
From: 原殿鉄道 * 2009.06.10 10:42 * URL * [Edit] *  top↑

おおぉ~!!素晴らしいです~!
期待を裏切らないものになりましたね!

いやぁ~私の感性にピタリ!はまりました!
From: とと * 2009.06.11 01:38 * URL * [Edit] *  top↑

初瀬春日様こんばんは
こういうのお好きですか?
以前、現役の豚舎にした方が生き生きとしたレイアウトができるのでは?という尤もなご指摘もいただいているのですが、朽ち果てた○○というシチュエーションに萌えるんですよね。
でもそれだけでなく、豚が手に入らないので、空っぽでも不自然でないように廃墟っぽさを出したというのも理由の一つです。
ガラクタですか…これが難しいんですよね。それっぽくするのが。
From: genchichi * 2009.06.11 04:08 * URL * [Edit] *  top↑

原殿鉄道様こんばんは
ありがとうございます。
完全に自己満足用の仕様で、レイアウト上では、屋根の裏側なんてほとんど関係ないんでしょうね。
でもこういった見えない細部の作りこみに対する車両工作派の方々のこだわりはすさまじいものがあると思います。遠く及びません。
From: genchichi * 2009.06.11 04:20 * URL * [Edit] *  top↑

とと様こんばんは
はまっていただけましたか?(笑)
廃墟探検系のサイトも好きでたまに見ているんですが、なぜそういった趣味が存在するのか、我ながら不思議でなりません。
From: genchichi * 2009.06.11 04:25 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。