上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 前回の続きでジオラマの樹木を作ってますが、1本だけ作るのも効率が悪いので、何本かいっしょに作業することにしました。
 例の花で作った木々
 木の幹と枝は、例の花です。今回は、種がついたままのものも使ってみます。  葉っぱは、前から試してみたかった方法で作ります。
 使うものはコースターフ(とその類似品)です。
葉っぱの材料
 濃淡3色を用意しました。

 ちょっと話がそれますが、ジオラマを屋外の自然光下で撮影すると、とても実感的になります。その大きな理由は、影がくっきりと出るからだと思います。
 室内の撮影では、そのメリハリをつけるのが難しいので、被写体そのものにはじめから陰影をつけておけばどうか?とずっと考えていました。
 例えば、木の葉っぱを、濃い色から明るい色へと段階的に重ねれば、室内でも下の葉っぱは影になって見えるのではないか?という感じです。

 まず一番濃い色の葉っぱをマットメディウムでつけていきます。
一番暗い色の葉をつけたところ
 1本は、枯れ木にすることにしました。

 次に、中間色の葉っぱをつけます。
中間色の葉っぱをつけたところ
 ここまでは、自然な感じが出ました。ただ、陰影を感じるというほどではなく、効果は低いと言わざるを得ません。

 最後に、一番明るい色の葉っぱを重ねます。
明るい色の葉っぱをつけたところ
 この色が、下の葉っぱと違いすぎて、ぜんぜんうまくいきません。残念です。
kl0154.jpg
 2本やってみたところでこの方法をあきらめました。この2本は上から適当な色をスプレーして落ち着けようと思います。

 結局、最初の2色では違和感もないですが、効果もないといった感じでした。トホホ。
 効果を出すには、重ねる葉っぱの色が難しいということかもしれません。
 使うスポンジの色を1色にして、上から明るい色をスプレーする方が良かったと思います。いつか試してみます。
 (実際に、この記事のやり方が一番いいみたいです)

 種をつけたままの木は、種のおかげでボリウムが出てなかなかいい感じです。今後、大量生産が必要なときは、種をつけたままでいけそうです。
kl0156.jpg
kl0155.jpg

 最後に御神木です。
kl0157.jpg
 これだけ種を取り除いたせいで、ボリウムが出ません。テマをかけてむしろ失敗でした。もうちょっとスポンジをつけなければ。

 次回はジオラマへの植樹を目指します。



ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.07.07(04:25)|ジオラマ 樹木のつくり方コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
こんばんは。
ご自身では満足されていないようですがハタから見ればなかなか素晴らしいですよ!
雰囲気がすごくいいです!
From: とと * 2009.07.08 01:25 * URL * [Edit] *  top↑

>とと様
お久しぶりです。また長期でサボってしまいました。コメントほんとにありがとうございます。
いつもどおりですが、写真に撮ると確かにそれほど変じゃないように見えるんです。
でも実物はよくありません。
From: genchichi * 2009.07.08 05:21 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。