上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 屋根裏に建設する鉄道模型大型レイアウト ジオラマのプランをご紹介します。自ら「大型」と呼ぶのも恥ずかしいんですが、庶民の感覚では、よくこれだけの面積を確保したもんだという自負があったりするので、ご容赦ください。

 レイアウト建設を認可された用地はこんな部屋です。

レイアウト建設用地  2階の天井裏に作った部屋で、天井高は140㎝です。家の構造上、室内に4本の束柱が入るのは避けられませんでした。
 この束柱と、部屋の中央で出入する階段があるため、レイアウトは必然的に壁面周回型にせざるを得ませんが、これはむしろ望むところです。


 エンドレスを外側から見るレイアウトは、1枚のボード上に作ることができ、手軽であるなどメリットも大きい反面、私は次の点で好きになれません。
①手前の線路の向こうにもう1本線路が見えて非現実的。
②視点が外側にあるため、カーブで連結面が開くところが見えてしまう。
③エンドレス内側が狭くなり、欲しいシーンを詰め込むと不自然になりやすい。また、中央の風景に前後左右の風景をつなげなければならず、盛り込める要素が限定される。

 エンドレスを内側から見る壁面周回型の場合どうでしょうか。
 ①、②の問題は解消されます。
 ③については、1つのシーンについて前後のつながりさえ考えればよいので、盛り込めるシーンのバリエーションが増えます。

 鉄道模型の醍醐味は「今は山中、今は浜、今は鉄橋渡るぞと…」といった次々に移り変わる風景だと思うので、私にとってこれはとても重要です。
レイアウト概念図
 しかし、壁面周回型は「場所をとる」「壁面に家具が置けない」などのデメリットもあります。

 次回から、具体的な私のレイアウトプランをご紹介します。

レイアウト ジオラマ建設計画 次回へ


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2008.11.15(23:59)|レイアウト ジオラマ 建設計画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。