上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 HOゲージのレイアウトに使えるバス停が完成しました。

バス停1
 最終工程では、
・木を植える
・お堂の前に石を置く
・琺瑯看板を追加する
・細かな草を追加する
の4つの作業を行いました

バス停2

 木の制作記事はこちらをご覧ください。
 お堂の前にお供え物が欲しいというご要望をいただき少し頑張ってみましたが、ゴミにしか見えなくてあきらめました。何度も言って申し訳ないですが、Nスケールでそういった物を作る方って本当にすごいと思います。私ムリです。

 反対側はこんな感じです。

バス停3


 さて、そろそろHO組立式レイアウトも進めなければ。

バス停ジオラマを作る(その1)
バス停ジオラマを作る(その2)


ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.08.20(12:09)|バス停コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
こんにちは。
とても好感の持てる仕上がりですね!

バッタがたくさんいそうな草の雰囲気が良いです♪
From: とと * 2009.08.20 14:01 * URL * [Edit] *  top↑

大変良く出てきた作品は、屋外で撮影することによって、よりリアルに見えますね。
特に、屋根に出来た木の陰がいい感じです。
From: 原殿鉄道 * 2009.08.21 14:42 * URL * [Edit] *  top↑

木が植わったことでぐんと実感が高まりましたね。

お供え物は小さすぎましたか。
それがなくても、お堂の入り口(?)にたらした
赤い布で充分に雰囲気は出ていると思います。

お堂の格子窓を内側から見るとちゃんとスリットに
なっていて、外の光が漏れているのがいいです。
From: 初瀬春日 * 2009.08.21 14:48 * URL * [Edit] *  top↑

とと様こんばんは。
ありがとうございます。科学雑巾は、そんな感じの草むらの表現にもってこいだと思います。
かなりリアルな反面、広い面積になると単調さが目立つので、変化の出し方を研究中です。
From: genchichi * 2009.08.22 23:24 * URL * [Edit] *  top↑

原殿鉄道様こんばんは。ありがとうございます。
屋外の自然光下での撮影は、影のでき方などで数段実感的になるので、デキがカバーされとても助かります。
でも今回の写真は、本物と模型の地平線がうまく平行になりませんでした。地味なようで、背景の影響は大きいように思います。
From: genchichi * 2009.08.22 23:35 * URL * [Edit] *  top↑

初瀬春日様こんばんは。
お供え、ムリでした…トホホ。花に挑戦してみましたが、「これは花を作ったんだろうなぁ」と察していただける程度にしかなりません。
ほんとにOゲージに転向できればなぁと思うことがあります。(スペース、財布、あらゆる面でムリなのですけどね)
From: genchichi * 2009.08.22 23:43 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。