上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 田んぼジオラマにぴったりなアクセサリー的ストラクチャー、飼料タンクを作ります。
 先日、はじめてのハンダづけに挑戦し、真鍮線でハシゴが作れるようになったので、やっとこのストラクチャー制作の目処がつきました。
飼料タンクの実例
 しかしこの形、どうやって作ろうかかなり迷いましたが、プラ板を丸めて中空にすることにしました。
 普段、普通のストラクチャーを作るときは、尺貫法を基本に考えていけばよいので図面をひくことはまずありませんが、今回は勝手が違うので、めずらしく設計図らしきものを書いてみました。
飼料タンクの設計図

 これに基づき、各部の展開図的なパーツをプラ板から切り出します。
各部の型紙
 丸めやすいよう、0.3㎜の薄いプラ板を使います。

 しかしこれがとてもめんどくさい!
 経験豊富な方ならすぐにお気づきだと思いますが、テーパーのついた円筒の展開図はかなり難しいです。
 しかも、複数の円筒や円錐の接合面を、ピッタリ同じ断面形状にするのはさらに難しく、この方法をとったのが間違いだったことに気づき始めました。

 悪戦苦闘しながら、何とか各パーツを丸めていきます。
飼料タンクのパーツ
 丸めやすいように薄いプラ板を使ったため、フニャフニャしてヤスリがけもままならず、先が思いやられますが強引に進めます。

 セロテープで仮どめ。
飼料タンクの各パーツを仮どめ
 なんとか形になりました。

 本当は、丸棒を旋盤加工するのが一番いいと思います。
 もしもう一回作るなら、旋盤がないのでハンドドリルなどで木の丸棒をドリルレースすると思いますが、その経験もないのでまた勉強が必要です。

 次回完成を目指したいです。
 

ご覧いただきありがとうございました。

ブログ村に戻る
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ



2009.09.13(08:10)|豚舎コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
スポンサードリンク
プロフィール

G太

Author:G太


大和電気鉄道社紋
LOVE&PEACE

※当サイトはリンクフリーです

カテゴリ
ブログランキングサイト


鉄道模型 ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

RailSearchへ
鉄道関係HP案内
鉄道模型 検索
カスタム検索
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
AMAZON
■鉄道模型DCC関連

DCCで楽しむ鉄道模型(→Amazonへ)
紹介記事


DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編(→Amazonへ)
紹介記事


■ジオラマ・レイアウト関連

模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界(→Amazonへ)
紹介記事


模「景」を歩く―モデラーの眼で見た鉄道シーン(→Amazonへ)
紹介記事


最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。